読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

「まだ知らない」と「もう知っている」の間に

昨日から、頑なに娘と風呂に入りたがる人の文章を立て続けに読んで、こりゃ気持ち悪いし困ったねと思っていた。あんな気持ちの悪い文章は、リンクしたくないのでしませんけども。 息子ができても、同じように思う?中学くらいまでは一緒にお風呂に入りた.. …

スピリッチャルなことは、本当に何一つ信じてないんですが

お盆なので。 私は既に両親を亡くしているのだけれど、父が亡くなった後も、母が亡くなった後も面白いことが起きている。 父が亡くなった後、葬儀も終わって骨になった父を家に持って帰って、母と兄と3人で放心していた。 実は、父が亡くなる日を私は無意識…

あまり好きではなかった叔母に本をプレゼントされるのが嫌だったなって思い出した

こちらのブログを読んで共感8割だったのだが、残り2割のトラウマの箱が開いてしまい、ぞわっと色々思い出した。この本は幼稚園児の時に、題名通りの「あまり好きではなかった叔母」からプレゼントされた。本が大好きな子供ではあったので、どんなものでも手…

執行猶予は一生です

家族の死というのは、その家族が個人としてどんな人間であったにせよ、または、ほとんど一緒に暮らしていなかったり、血がつながっていなかったりしたとしても、心に刺さる苛烈な体験だと思うのです。 <a href="http://shikabane.hatenadiary.com…

ジャズ話つながりで、親孝行としての「趣味プロデュース」の話

ジャズつながりで。父との思い出の話。 父はジャズ好きだった。もう死んじゃってるから過去形。父は、ジャズしか聞かないジャズ原理主義というかジャズ赤軍派みたいな人だった。ロックもNG、ブルースもNG、もちろん歌謡曲や演歌は論外。妙なもの聞くぐらいな…

ラジオ

最近、ラジオをたまに聞いている。 ラジオと私はこれまで、あまり距離が近くなかった、というか、遠かった。 中学生ぐらいに深夜ラジオにハマる、というのはラジオっ子の王道の一つなのだろうと思うんだけど、寝るの大好きなので深夜ラジオは無理だった。 音…

夢を見た

大して忙しくもないし疲れてもいないのに、週末が待ち遠しくて 週末が待ち遠しかったのに、家にずっといて、 家事が終わったらぐったりして、本を読んでいるうちに眠くなってソファで寝てしまった 夢を見た 夢にも出てこないんだなと思っていた、亡くなった…