読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

J1~J3まで、ビックリするぐらいあまり差がないのだ

Jリーグ サッカー

カズはもう引退しろと、J2みたいなとこでしかやれないんだろうと、

そんなことを言っていたらしいですね。張本。

 

私は週末、セレッソツエーゲン金沢戦と、YSCCAC長野パルセイロ戦を見に行くというサッカー充な週末だったので、張本の出てたテレビも見てなかったし張本が言ってることもさっぱり理解できなかったよ。J2まじ戦国&J3まじキツイ。張本よ、J2舐めたらいかんよ。

 

土曜はセレッソ金沢戦。いつぞやの水曜・嵐のナイター千葉戦でフォルランの男意気にぐっときたもんで、これは去る前に一度ホームで見とかんと、どうせなら専スタ、キンチョウで見んと、それからかつて清水にいた辻尾が金沢で元気にやっているかどうかを確認しにいかんと、ということで大阪まで行ってきて、日曜は恒例のJ3である。

 

結果的には、ジャイキリ1試合、完敗の1試合である。肩入れしているチームが負けるのはがっかりするものだが、一方で、張本が炎上してることも知らずにでサッカーを見に行き、期せずして張本の言ってることが全然見当はずれだってことを実感してきた観戦ツアーだったわけです。

 

セレッソ金沢は、まぁ行く前から、セレッソにとっては難しい試合になるかなと思ってた。格下にホームで負けるとかかなりまずいからプレッシャーはむしろセレッソに重くあったはず。そして攻撃が得意で守備はオブラートのようなセレッソは、格下*1にとっては、逆にやりやすかったりする。
日本代表が、アジア予選で格下相手にガッチガチに守備固められて点取れなくてイライラしてる間に穴を突かれて失点、というパターンと全く一緒である。更に言えば、天皇杯4回戦でJ1クラブがJFLのクラブとか高校生とかに*2に負ける時の典型的なパターンである。要するにジャイアントキリングって大抵がそういうものであるわけだが。

 

間違ってはいけないのは、セレッソがJ2に行くような弱いチームだから負けた、ではないということだ。フォルランカカウが前にいてその二人にパスを届けられる良い選手が後ろにいて90分間守備し続けるのは並大抵のことではない。
まぁ、ちょっと土曜のセレッソは戦略ミスかなぁと感じるところもあったけれど、攻撃圧力に耐えられるぐらいの能力は、去年まではJ3だった金沢だって十分持っていたということである。

 

日曜に見た試合はYSCCAC長野パルセイロパルセイロワンサイドゲームだったのだが、実はこのカード、去年はどう考えても格下のYSCCから全部勝ち点3を取れたというわけでもなかった。長野は、伝説の北信越リーグで鍛えられたクラブだし2013年のJFLの優勝チームだし、この3年間は育て上手な甘党でおなじみの美濃部さんが監督をやっている実力派のクラブである。どう考えても格下のYSでも互角にやれちゃう試合もあったりするのだ。

Jリーグは世界でも珍しいぐらいの戦力拮抗リーグで、J1の上位にいてALCでも悪くない成績を出していても、次の年にはしれっとJ2にいたりと、そのぐらい差がない。
とはいえ差はあるにはある。実際にJ1~JFLまでをぼーっと見てると*3

A:J1定着組・・・J1の下位(入れ替えライン)ぐらいまで

B:ハラハラ組・・・J1の下位~J2の10位(プレーオフラインより広い)ぐらいまで

C:戦国乱世組・・・J2の中位~J3上位(Jライセンス取得組)

D:ひよこ組・・・J3下位(Jライセンス未取得組)

大体このぐらいのレベル差があるような気がしている。
J1に定着することだって割と容易なことではないのだが、実はすごく恐ろしいのは、「B:ハラハラ組」「C:戦国乱世組」が、分ける必要がないぐらい拮抗してることだ。
実は地獄の釜の底がまだ抜けてなかった頃、要するにJ3が出来る前までは、AとBの間が「紛争地帯」だったんだけど。セミプロリーグという地獄の釜の底の底が出来ちゃったから、戦地が移った格好だろうと思う*4

そしてJリーグは、選手のレンタルなんかもし合ってたりして、乱世組あたりにも地味良い若手選手がごろごろしてたりする。若手選手が試合に出られないというのは、Jリーグの構造的問題*5なので、若手レンタルは推奨されてたりするし、貸す方は「育てて返してね」借りる方は「この窮地を救ってくれ&あわよくば!」という双方お得な関係である。
なので、J3の試合なんかを見ていて「お、なんだあいつ妙にいい選手じゃないか」と思うとレンタルの選手だったりして、すごくいいプレーが見れたりする。

つまり、J1からJ3まで、選手の質だけでいえば差はあんまりないんだ。勝ち負けが決まってるはその試合の戦略の差とか、偶然とか、そういうものだったりする。
もちろんA代表経験者などの一部の特別な選手は突出してはいるけど、多くの選手は差がないんだよ。あるとしたら体格差かなぁというぐらい*6J3でも上手いし、ビックリするような大人っぽいサッカーしたりする。

 

そのぐらい、日本のプロサッカーって層が厚くなってる。
厚くなってる場所が微妙というか山の中腹というか、富士山でいえば4合目ぐらいというのが、「日本サッカーは強くなったが、W杯でGLを簡単に突破できるほどは強くなってない」ということの理由の一つなんだろうとは思うんだけど。

 

張本は、その辺、もちろん分かってないだろう。というか張本じゃなくても、下部リーグ見に行く人はそれほど多くはないからしょうがないんだけどさ。

 

そうそう、長野には、「骨折してるけど試合出た」でおなじみの都並さんの息子さんが出ていた。すごく良い選手だったよ。イヤー完敗。都並Jr.のいた右サイドは前半完全に制圧されちゃった。息子さんもLSBなんだな。すごく良い選手だった。

*1:失礼ではあるがそりゃ格下だろう金沢。予算でいったら10倍ぐらい差があると思う

*2:血涙

*3:酔狂なのは分かっておりますが

*4:ひよこチームに肩入れしてる身としては、JFLとの入れ替えが始まるのが恐くて仕方ない

*5:団子リーグなゆえに「若手にチャンスをあげよう」的なのんびりした布陣で戦えないという問題がある。実際には若手が実力発揮できないと上位・優勝に届くのはとても難しいという点もあるにはあるんだけど…

*6:下部リーグや弱小クラブの選手は明らかに、お金持ってるクラブの選手より一回り小さいというのはある。お金の差だろうと思う。同じ上手さならでかい方が良いに決まってるからなぁ。