読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

そしてサッカーは続く

女子サッカー サッカー

ワールドカップは大好きだけど、辛い。切ない。負けちゃったよ。
”壊れた”試合だろうが凝視し続け応援しつづけたかったけれど、さすがに月曜から遅刻するわけにも半休取るわけにもいかずに、後半始まって5分ぐらいの時間帯で、断腸の思いで出社した。
帰宅して録画を見たけれど、そりゃ、スコアを考えたら十分「壊れた」試合だったかもしれないけど、内容はぜんぜん壊れてなかったし、気持ちの見える試合だったと思う。壊れたとか言う人がいるなら、ケツ蹴りあげてやるから覚悟しろ。
賢しらしいことをしれっというのは簡単で気持ちがいいのかもしれないが、そんなくだらないこと言うより、私は、今日はひとまず彼女たちと一緒に泣くよ。そして来週から再開するリーグをまた見に行こうと思う。まぁ、Jリーグ、特にJ3と日程がかぶりがちなので中々ままならないんだけど、行こう。

 

我ながら賢しらしいけどw その他思ったこと。

 

  • ノリオは名将。在任中にゴールド1枚シルバー2枚。国別対抗戦でここまでの成績を収めた監督っていないんじゃなかろか。いますかね?いたとしたところでノリオすげーことには変わらないけどな。
  • 立ちあがりでぱたぱたと失点した後に、ノリオ監督は速く動くだろうな、そして動くとしたらDFのポジションを削るだろうなとは思ってた。思ってたけど、思ってたよりもずっと早くそれも大胆に変えた。これはマルチポジションができる選手が多いからこそだけど、まさか決勝戦の、それもいつバラバラに壊れてもおかしくないスコアの試合で、そうするんじゃないだろうかと予想はしてたのに驚くほど大胆な采配だった。
  • 川澄さんを下げるとこも、ほんと惜しいなぁ…とは思ったけど、最後の1枚を菅澤さんにするのなら妥当だなぁと思って見ていた。いやホント、決断力と試合を読む能力が高いんだなノリオ。名将に向かって知人でもないしましてやなでしこでもないのに呼び捨てしてっけども。大野さんリスペクトってことで。
  • 岩清水さんは交代してからずっと泣いていたけれど、岩清水さんだけが悪いわけじゃないよね。まぁそんなこと分かっていても涙が出てきてしまうのだろう。本当にお疲れ様。私は今年こそベレーザにリーグ優勝してほしいと強く願っているので、また試合見に行きます。応援していますから、いいプレー見せてくれることを期待しています。
  • たらればの話をしても仕方がないけど、安藤さんの骨折と岩渕さんの負傷は、攻撃の点において決勝戦の最後の最後まで響いたよなと思う。たら、れば。
  • 宮間さんがインタビューで泣いている。私も一緒に泣く。泣くけど、インタビューの最後には泣いてなかったから私ももう泣かない。
  • 宮間さん、涙が出ちゃったのは、ノリオとハグして何か言われたからじゃないかとにらんでいる。女子高のセンセイとか女性ばっかりの職場にいる黒一点の男性などはノリオの一挙手一投足を研究してみても良いかもしれないw
  • そいえば、これだけ負けていて、攻め続けてても決められない時間が続いていても、なお精度を欠かない宮間さんのクロスは本当にすごい。この人は本当にすごい人だ。
  • イエロー上等の黒いプレーも見せた、負けず嫌いのレジェンド澤さん。
  • あの鮫島選手が足つるぐらいの壮絶な試合だったんだよね…。
  • 熊谷選手は本当に凄い選手になった。もちろん4年前ドイツの時は「若手でこんなセンスのあるCBが出てきたのか。男子(吉田マヤ)もっとがんばれ」と思ったものだし、ロンドンの時も「海外で揉まれてすっかり一人前になったなぁ」と思ったけど、ほんと全試合通して素晴らしいパフォーマンスだった。本大会の影VP。
  • 表VPは決められないな…みんな素晴らしかった!有吉さんも宇津木さんもすっかり大黒柱の風情だった。
  • アメリカはやっぱり強かったな。すごく強かった。
    4年前のドイツ大会の時にはまだ、今回のイングランドみたいな「強さが正義」のサッカーだったと思う。なでしこに4年前、負けたのが本当に悔しかったんだろう。ロンドンの時には生まれ変わりかけていた。アルガルベーの時などは生みの苦しみがあっただろうと思う。そして今大会のアメリカは「何でもできるチーム」になった。やっぱりアメリカの女子サッカーはすごいな。
  • 宮間さん以外の誰に金色のアイツを掲げてほしいとしたら、ロイドかワンバックだけだよ。妥当アンド妥当。悔しいけどな!

 

 

なでしこ関連の記事で「アマチュアリズムが残ってるのでは、というブコメがあったのだが、なでしこリーグに所属してるチームはセミプロチームである。プロ契約してる選手の数はチームによって違うけど、オールプロ契約してるクラブはゼロなんじゃないかと記憶している。Jクラブの女子チームとかどうなんでしょうか正確なところは知らないんだけど。
でもスポンサーの数と観客の数を考えたら、どう考えても全ての選手でプロ契約はできていないと思う。なぜならJ3を見てるから予想がつくのです。

Jクラブが女子チームを持てば、という話もあるけど、そもそも母体になるJクラブだって経営は全然楽じゃない。
アルビレックス新潟は、男子のサッカーチームだけじゃなく、女子チームとかバスケチームとかシンガポールとか色々持ってるけども、それが男子チームの強化の足かせになってるのでは、なんていう意見だってあるのだ。
個人的には、新潟式というかACスタイルというか、色んなスポーツのチームを持ってる総合型のクラブは、地方都市のJクラブの理想のひとつの形だと思っているし、それを実現できる体力があり状況が許すのは日本じゃ新潟ぐらいだと思ってるのだが、おそらく新潟でも女子をすべてプロ契約にするのは難しいんじゃないか。

Jリーグで男子のリザーブチームを持ってるクラブもいくつかあるし、かつてはJサテライトリーグなんてのもやってたわけだが、その辺がことごとくあまり上手く行ってないしプロ選手もいないってことを考えると、「そこまでの人件費を稼げる体力」が日本のプロサッカー界には、今のところはまだない、という結論になってしまう。

なので、そういうしち面倒くさい賢しらなことを言う人は、言う前になでしこリーグを1試合でもいいから見に行ってほしいと思う。いやJ2でもJ3でも、J1でもいいですけどね。
小偉そうなことを言う人ほどぜひ高いチケットを買ってほしい。なでしこリーグなら高くてもせいぜい3000円ぐらいだから、男子よりもずっと安いよ。一番安い席は1500円ぐらいから。

 

1年365日のうちのたった一日でも、彼ら、彼女らのために使ってみようと思う人が増えるといいな。10万人が1年に1試合ずつ試合を見に行ってくれたら、それだけで「食える」選手が何人か増える。
100,000人×2,000円=2億円。このお金が各クラブに流れれば、単純計算で2000万円ずつだ。プロ契約選手を2。3人ぐらいは増やせるかもしれないよ。

 

おまけのキチガイごと

私は、準決勝イングランド戦が今回のW杯の天王山だと思っていたので、その日は午前半休を取ったのです。
なぜなら、いつノリオに「おい、アップしろ、次はお前だ。頼んだよ」って言われるとも限らなかったから。準備万端で。おまけに午後からは仕事に行くつもりだった。
決勝は私の準備が足りなかった。月曜の朝はサラリーマンにとって会議だらけの人生なので、どうしても休めなかった…。なでしこがあの金色のアイツを掲げられなかったのは私のせいかもしれないと思うと本当に心苦しい。