読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

マダム受けする美術館で改心した話

ゲージュツ

先週は、大きい仕事が終わって次の仕事が始まる前という「仕事の谷間」だったので、お休みとってあちこちをふらふらしていた。あちこちと言っても都内や横浜ぐらいの話で、ふらふらと言っても変わり映えもなく、応援しているサッカークラブの練習を見学にしに行って、散歩がてら西洋美術館の常設を久しぶりに見て、それからいつか行きたいなーと思っていた山種美術館に行ってきた。

都美術館のモネ展は平日なのに中々の人だかりだったんだけど、おかげさま?で、西洋美術館の常設展は、まぁ通常通りというか、平穏でとてもよかった。並ばなくても素晴らしいモネのコレクションがあるのは、天井の低い都美術館で行列してたおばちゃんたちには内緒である。おまけに企画展の半分以下の入場料で見られるんだけど、それも内緒にしておこう。

 

山種美術館は、気になってたんだけど行ったことがなかった。どの駅から歩いてもそこそこ遠いってのと、あと、なんていうか「マダム感」というか「ザーマス趣味」というか、こう、要するに品の宜しい日本画のコレクションでしょう?という気持ちで、敬して遠ざけているようなところもあったんだけど。

行ってみたら面白かった。琳派の企画展をやっていたけど、基本的には収蔵品から琳派めいたものを出しているというラインナップで、それでもまぁ小一時間楽しめるぐらいはずらっと並べられるわけで、ずいぶんしっかりとしたコレクションだなぁとしみじみした。私も株で一山もふた山もあてて、何かのしっかりとしたコレクションを持ってみたりしたいものだが、株どころか金融商品を買ったこともないていたらくである。
山種美術館は、平日の真昼間だというのにかなり混んでいて、お客様はマダムマダムした感じでありました。そういう意味では「マダム感」という先入観は大きく間違ってないところでもあったんだけど。

 

展示品は、宗達、光悦、光琳、といったオールド琳派は少なくて、琳派フォロアーだった酒井抱一や鈴木基一、それから近現代の日本画家のコレクション。上品なのは上品なんだけど、これだけ「よいもの」がずらっと並んでると、へーはー上品ですワーと卑屈に*1考えていたねじけた悪心が少し慰められ…というか、酒井抱一すごいなーって尊敬してしまった。

何がすごいなーって、さし色の美しさ。

 

宗達は保存状態が良いものがあまり残っていない、というのもあるけど、光琳までのオールド琳派って、割とシックな色使いのものが多い。水墨画、白と黒、金泥銀泥*2

鶴図下絵和歌巻(つるずしたえわかかん) | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum

f:id:penguaholic:20151017211413j:plain

鮮やかなさし色も、マットで明確、赤!緑!という感じで、とてもモダンでデザイン性の高いものが多い。時代的にもまだいくさ三昧の時代を引きずっていたからかもしれないが造形やタッチもマスキュリンである。

私はそういう、シックでモダンでマスキュリンなものが大好物で、逆に繊細でフェミニンなデザインはあんまり好きじゃないと思ってたのに、ズラッとならんだ抱一を見ていたら、鮮やかなエメラルドグリーンで細く美しい線を描いている蔓や、ぽってりとキラキラするターコイズ朝顔を、うっかり、うっとりと眺めるはめになった。

時代を100年ぐらい下って、さし色の使い方も造形も洗練されたということなんだろうかね。時代が下ったことで色絵具の質も良くなってたりするだろうし「琳派的な」マーケットができた後の絵描きさんなわけで、十分大切にされてきたというのもあるかもしれない。ろくに美術史も知らずに適当なこと言うておりますが。何しろ、あんまり好きじゃないのかなーと思ってたものを掴んだ大収穫でした。好きなものは増えれば増えるほど良い。

 

あと、今回は実物は見られなかったんだけど、ずっと気になってた、立ちあがる炎の中を舞う蛾の絵、あれが、山種美術館の所蔵品だと気付いたので、アレが出てる時にまた来ようと思う。あれだなー、恵比寿からだと歩けば一番近いんだろうけど、坂が大変だから広尾から女学館のとこ通り抜けていく方が坂が少なくて済むかしらね。どうだろうか。下町民にとって土地の高低差ってほんと分からん。

 

おまけ

マダム好きするタイプの絵ってある。
私の中では、「和のマダムキラー」は、平山郁夫東郷青児上村松園あたり、「洋のマダムキラー」は、ローランサンミュシャ、モネ、ルノアール、あたりだろうか。いやもちろん、よいものだと思う。平山郁夫のでっかいののまえで30分以上呆けたように見ていたことあるしモネなんか大好物だ。
私ももっとお金があれば立派なマダム感を醸し出せるだろうか。

 

おまけ2

京博の琳派展、行きたいんだけど10月~11月の勤労感謝の日までって、一年で一番混む時期じゃないですか。せめて12月アタマまでやっててくれれば…。人も多いしホテルも高いしで、なにかもうちょっと「ついで」がないと重い腰があがらない…

*1:卑屈になる必要は一つもないんだけど、なぜか私はそんな風に思ってしまいがちです。多分性根が卑屈なんだ。

*2:この鶴図絵巻のデザインのノートとか出してくれないかな。光悦気取りでメモ取れるのに