読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

ブコメで言い足りなかった「恋愛の向き不向き」についての話

長すぎるブクマ的なもの

私はどちらかというと、太宰式人生(恥の多いやつ)なので、こういうテーマについて、明確に犯罪ではない限り責める立場にはいてはいけないタチなんですけど、これはやっぱり、男性側だけじゃなくて、女性も、気を付けなかんよね、とは思うんですよ。

 

kutabirehateko.hateblo.jp

 

ブコメには、

恋愛やセックスに至る「物語の多様性」を楽しめない人は、本当は「恋愛→セックス」ではなく「見合い→結婚」の方が向いてるんだろうなって最近思う/女の方もリスクを認識してないなら未熟だと思うんですよ。

と記しましたが、なんかちょっと言葉足らずというかもうちょと言いたいことあるなぁと思ったので。

 

女性も、やっぱり、「場合によってはセックスしてもいい」と思わない人とは、密室で二人きりにはなるべきじゃないと思う。

どの程度「べきじゃない」のかと言えば、はてこさんの指摘する通り「据え膳なら何で食えると思うなよ」と男子が肝に銘じるべき、と同じぐらいは、「べきじゃない」。
ポイントは「同じぐらい」で。自分を守り相手を尊重するための「べき」は、男女ともに平等に負った方が色々楽しいと思う。

一般的な傾向として、男性の性欲の方がアンコントローラブルであることを考慮すると、男性にはもっと積極的に肝に銘じていってほしいわよねとは思うけれど、女性だって「あなたが日々相手にしている者は、そのようにアンコントローラブルなとこはあるんだぞ」というのは肝に銘じていた方がいい。

 

っていうか、そういう「恋愛やセックスに関する暗黙のルール」を、肝に銘じていないと、恋愛やセックスを「楽しむ」のは、ちょっと難しいんじゃないかと思うんですよ。そして、私は昨日から同じようなブコメをあちこちに付けているんだけど、恋愛やセックスって、誰もが「楽しめる」ものではないし、更に言えば、誰もが楽しむ必要もないとも思っているんです。

趣味で例えると冬山登山ぐらいの。スキルや準備、天気を予測する力とかも必要、「別にしなくてもいい、写真や映像で十分」って思う人が大多数、憧れる人もいるし馬鹿じゃねって思う人もいるということで例えてみましたが、何だかよく分からなくなりつつあるけども…。

恋愛やセックスって、ある程度の予備知識や訓練があった方がずっと楽しめるし、逆に訓練なしに飛び込むと凍傷で鼻っ柱や指を失ったりするような危ない側面もある。

痛い目を見ながら経験積んでも、いざその場その時になったら探り探りやっていくしかないし、それこそが醍醐味だろう。自尊心とのバランスが崩れて命の危険に晒されることもある。冬山登山の判断ミスは死と隣り合わせだし、恋愛やセックスの失敗は、「心」や「個」の危機を招くこともある。まぁ、だからこそやめられないし面白い、と言う人もいたりするようなものでもある。

 

一方で、昨日今日あたりのこの手のテーマのブコメを見ると「ルールとか分からん」「勝手にルール決めんな」とかそういう意見もある。はてこさんが解説しているような「明文化されていないルール」を探すのが不得手な人が結構いるからかなーと思ったりもする。明文化されたルールがないことこそが恋愛やセックスの醍醐味じゃないかなーとは思うんですけどね。

この何百年かの間、私たちが生きてきた社会では、恋愛・セックスというゲームの「親」は、男性の役割であるケースが多かった*1のかなーと思うんだけど、どうもそうでもなくなってきて理不尽だと思っている人もいるだろうし、もっと単純にルール理解に時間がかかっちゃう人や、あんま向いてない人も居るんだと思う。これ、男性に限らず女性についても同様。

パートナーを探すことだけ限定なら「お見合い」もある。家庭を営むことを大前提にではあるが両者で合意された「明文ルール」があるので、そっちの方が実は性に合ってるという人は少なくないんじゃないかと思う。見合い結婚の方が家庭が円満、なんていう俗説もあるぐらいだし。

 

それでも、恋愛したりセックスしたりしたいならやっぱり、「お互い探り探り、共通のルールを見つける」という、普通の言葉でいうなら「コミュニケーション」「相手の気持ちを考える」が不可欠だ。

「部屋にあげたくせにヤラせないとか何事!」とか「部屋にあげたぐらいでヤレると思われた!襲われた!」って、どっちも、「探り探り」の手間が面倒でサボってるくせに、文句を言っているだけのように私には見える。相手の状況を思いやらない、コミュニケーションがない恋愛やセックスなんて、つまんないよ。つまんないっていうか、それは恋愛とかセックスではないよね*2

 

私の好きな吉野朔実さんという漫画家さんの作品に、こういうせりふが出てきます。

恋をしたことがない、それは恥ずかしいことですか?
恋をするのが当然だと思い込んでいませんか?

しなくたっていいんですよ、人が言うほど当たり前じゃないんだから
でなければTVや映画にあれほど恋愛ものが多いはずがない

運命の恋人に会ったものに他人の物語は必要ないんです
本当に恋をしているものも、本物の恋人を持っているものも
人が言うほど多くはない 

恋愛的瞬間〔文庫版〕(1) (小学館文庫)」という作品で、片思い、略奪マニア、お手軽な恋愛、不倫、ストーカー…いろんな恋愛のかたちが描かれる好きな漫画なんですが、これは、恋をしたことがない、人と近しくなったことがないという悩みを持つ少女に向かって、主人公の臨床心理士が言うせりふです。

これ割とほんとだよなーって昔から思っていて、どうも人って、あまりきちんと相手と向き合わなくても一見恋愛のように見えるお付き合いやセックスができる。そんな程度のもんだったりもして、言っちゃ何だけど、そんな程度のもんであれば、別に無理に追い求めて恋愛しなきゃ、好きな人(だと思い込んでる人)とセックスしなきゃ、って駆られなくてもいいんじゃないかなーと思ったりします。

それと、好きな人ができた時は、その人のことをよく見てよく知って、ちゃんとガッツリと恋愛をしたいものだなーとも思ったりもね。

*1:実際に個別の恋愛・セックス事情を紐解けば、必ずしも男性優位で進んでいたわけでもないのかなーとか思ったりもしますけども、その辺は勉強していないのでわかりません。近世までは男女ともにオープンな感じだったという説もありますね。勉強のために春画展でも見に行くかね

*2:自己陶酔とか自慰とかそういう