読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

痴漢されない女子特有の特徴なんて、ありませんよ

長すぎるブクマ的なもの

炎上している内容については、今更コンピュータのキーボードを打つ指の労力すら無駄に感じるレベルだし、ブコメで散々皆さんが指摘されている様子なので割愛します。

cild.hatenablog.com

 

私が、これって、いったいどうしたらいいんだろうなぁ…と考え込んでしまったのは、こちらのtweet

 

うんそうね、武闘派のアイコンってのが誰を指すのかはよくは分かりませんが、まぁ、家が燃えてる間は近寄りたくない気持ちは、炎上どころか過疎ブログをやってる私にもなんとなくわかる。この子、結構頻繁に燃えてる気がするけど学習しないのねとは思うけど、わからないでもない。が、ふざけんな馬鹿とは思う。

 

あくまでも個人的な感想ですが、はてブで積極的に意思があるブコメを残す方や☆を集める方は大抵、売られた喧嘩ならいつでも買うで?というタイプの方のようにも思えるのですが*1ブコメを覆い尽くす、ごくまっとうな「それちゃうで」という意見に対して、こういった反応が出てくる人、というのが、私はとても怖いことだと思ったんですよ。

 

これねぇ、先週ぐらいにちょっと話題になっていた「ブログアクセスで小遣い稼ぎを報告する文化」の話にも、ちょっとだけ通じる部分があるんじゃないかと思っているんですけど、結局「編集者も、一定の負荷(金出して買うとか)を伴った読者も不在の読み物を垂れ流す人、の人物像のある種のステレオタイプのような気がしないでもないんですよ。この子がブログで小遣い稼いでるかどうかは、興味もないので知りませんし調べるつもりもありませんが*2

 

ブログは個人のものだから、何を書いても勝手だし、PV報告を欲してる人だって励まされてる人だっているんだからいいでしょ、あんたには関係ないでしょ見なきゃいいんだから、というのは理解できる。まぁ、糞つまんねえから私は見ないので、私としても、糞つまんねえ奴らのことなんてどうでもいいやと思っているんですけど。

そもそもこの半年ぐらい「暮らし」カテゴリはそんな感じのレベルの低いカネの話と、この子なんかも仲間なのかもしれませんが糞つまんねえ慣れ合いブログばっかりだから、カテゴリまるっと興味を失ったってことはありますが、だからと言って不便もないので。

で、慣れ合いブログとPV乞食ブログって近いところにいるでしょう。「互助会」という言葉を使う方もおられるようですが、ブコメを集めるとPVが増えやすい。更に「可燃性」の記事を書くと更にPVが集まる。そこに魅力を感じて集まってきている人も多いようです。まぁそもそも「燃えたらPVアップでお得!」なんて思ってる輩どもが、何を今さら、批判されてビビってんだよばかじゃねーの、とは思いますが。

 

慣れ合いで毒にもならないようなものなら、誰も何も言わないんでしょうが、今回の記事のように明らかに問題があるものや、ちらほら見かける、ライフハックのふりをしたパクリや生活情報のふりをしたコピペ寄せ集めや、そもそもその情報は間違ってんでとか誤解を招くやろとか、そういうものが、互助会的な仕組みによってPVが増えることは、普通に考えてあまり歓迎されるべきことではないでしょう。PV報告ブログへ批判の目を向ける人の一部には、「ブログビジネスのねずみ講的性質」を想起させる方も、私以外にもちらほらといらっしゃいました。
私もその危険性はとても高いと思っていますので、はてな村のPV発表ブログ粛清について思うこと - はてこはときどき外に出る にある、「社会弱者の生活手段という希望の光」というメリットだけでなく、ねずみ講的な仕組みの犠牲者を作りだすというデメリットもあることは、黙殺されるべきではないと思う者です*3

で、冒頭の子のブログのような、露悪のつもりで人を平気で傷つけている文章や、グレーゾーンなものや、明らかに間違っているものなんかで、「小銭とはいえ稼げちゃう可能性がある」ことって、怖いことだと思うんですよ。

 

 

お金を稼ぐということの本質は、「誰かの代わりに引き受ける」という「ギャップ」の中にあります。私には米も車もコンピュータも作れないし、売るための設備や人を確保することもできないから、お金を出して解決する。ここに「稼ぐ」が成立します。

スポーツ選手やアイドルグループなど、無形のものにお金を払うことでも同じで「ないものをお金を代替にして補う」ことが、稼ぐということです。この選手のプレーをもっと見たい、勝ったところが見たい*4、可愛いアイドルをもっと見たいあわよくば握手したい、というところに、お金が介在して需要と供給のバランスを取る。

「稼ぐ場」には「市場」ができます。もちろん、どんな場合でも市場の調整作用が有効に機能するとは言えませんが、市場淘汰があることで「糞つまんねえ」ものは稼げないようになる。まぁ常に市場正義が勝つわけでもないですし、市場に正義が無いケースもたくさんありますので、一概には言えないけどね。

市場ができるメリットは他にもあって、市場が加熱すると「規制」が生まれます。法律の形を取ることもありますし、業界の自主規制という形のものも、明文化されてない「業界仁義」だったりもしますが、要するに「明らかに間違ってる」ものや、「お前それパクりじゃね?」というものや、「倫理的に受け入れられねーだろがこのボケ」というものが規制により淘汰されます。まぁこれも実際にはすべてがうまく回るわけでは当然ありませんが。無いよりマシ。

こうやって、超現代に生きる私たちは、沢山のものや情報に囲まれても、そこそこ安寧に、手ひどい痛みを受けることを多少は避けられるようになる、はず。まぁ言い切るには今の世の中は残念なことが多すぎるんですが…。

 

で、互助会関連や小銭稼ぎのブログ界隈は、互助会的なところから発生してるから市場性もないし、規制が入る様子もないんですよね*5。野放図に好き勝手やってても小銭は入る可能性があるというのは、お世辞にも、円滑な社会生活は送りにくい人が出来上がっちゃう可能性があるわけです。まぁ逆に言えば「真っ当な社会生活が送りにくいタイプの人でも小銭程度なら稼げる」と言いかえることもできるわけですが、これは結構高い位置でリスクとリターンがバランスする、危険性が高い仕組みだと個人的には思います。
人って安きに流れやすいからねぇ。小銭で満足して駄文垂れ流してるぐらいならまだましで、人に危害を加えるような文章で炎上を狙うような輩が、こうやって生まれてしまう。これは、この子の固有の問題で片づけちゃえる話なのか、というと、ちょっと「構造」が生み出す感じもあるのかなぁと思うんですよ。

 

 

なぜそう思うか。

で、冒頭のtweetの話に戻ります。

 

結局、責任は取らなくてオッケーな仕組みじゃないすか匿名でやれる個人ブログって*6。のど元過ぎればどうってことない、本格的に炎上したところでエントリを消す、ほとぼりが冷めたらまた同じようなことが起こる。ヨゴレてどうしようもなくなっても最悪はアカウント消しちゃえばいいだけの話で、生身の本体や生活は火の粉をかぶらずに済む。

これがリアルの「稼ぎ方」、たとえばフリーライターと媒体との関係だったら、こんな文章を納品したら次から仕事は回ってこないだろうし、仕事仲間やクライアントからの評判は地に堕ちるでしょう。そもそも、友達と飲んでいてこんな発言をしたら友達も減ると思いますよ*7
そういう意味での「火の粉をかぶらない」です。ネットで暴れてる限りでは、なんだかんだ言ってリアルの生活が脅かされることは、まぁあまりありません。炎上させられたせいで心が傷ついた火の粉はかぶってるとかそんなん知らん、自分の文章の反応は自分でケツ拭くしかありません。

 

まぁ、実生活での具体的なダメージがないという手軽さ・参入障壁の低さも、ブログで小遣い稼ぎのメリットなんでしょうし、参入障壁が低くなるほどクオリティが全体的に低くなるのも当然ではあるんですが、自浄作用がない「人」や「仕組み」は、糾弾されても正直しょうがないと思うんですよね。更にそれで小銭が稼げる可能性があるなんてことになったら、まぁちょっと目も当てられない吹き溜まりか無法地帯になる可能性あるよなぁ。

 

ブログにクオリティを求めるなんて愚考、という人の意見も身に染みて分かります。
こんなダラダラした、大した根拠があるわけでもない文章を書いている人間には言われたくないとは思う。棚に上がっておりましてほんとうにすみません。

でも、自己批判も市場修正も規制もなくて、小銭だけ欲しい人たちが集まるSNSって、結構、地獄感が高くないですかね。リアルな社会だって、市場性もなく規制もない場所には、安全や健全やのどやかさなどは期待できないのに。

 

そういうサービスだから居心地いいですねん、と言われると、まぁしょうがないんだけどね。はーそうですか居心地いいですか…よかったですね…としか返せないんだけどね。

本当にそういう「稼ぎ方」を、許容しますか?

これは、本当に、この子の個性だけに由来する悪夢なのだろうか。

 

 

追記リンク

メタブタワーがすごいことになってた。

はてなブックマーク - はてなブックマーク - 痴漢されない女子の特徴 - 散るろぐ

メタブだと炎上狙い確定ぽい論調だなぁ。やっぱりさぁ、ああいう内容の文章を書いて炎上させて小銭を稼ぐなんて、はっきり言って嫌いだし「悪」だと思うよ私は。

リアルだったらこの「悪さ」ってどんな罪にあたるかなぁって思ったら、あれだ、昏睡強盗だなって思った。で、ブログビジネスを誘導してる「小銭稼ぎ報告ブログ」は、介抱ドロだな。

*1:それを武闘派、というのであれば本当の武闘派に失礼だなーという気もしますが

*2:先ほどから失礼なことに「この子」呼ばわりしていますが、どう考えても8歳児ぐらいの感じなのでどうしてもこうなる

*3:メリットとデメリットを併記しない金融商品の勧誘って詐欺じゃね的な話

*4:いやほんとう、マリノスの優勝するところが見たいんだよぉー!

*5:個人ブログにおける規制というのは、「読者の反応を見た結果、自分のちょっとおかしなところが理解できた」というところまでを含めさせてください。そこがソーシャルブログの良いところでしょうし

*6:まぁ昨今はFB実名でもアレでソレな活動をされてる方もいるので、どちらかというとネットワーク上の文章は、と言う方が適切かもしれないけれど

*7:それでも減らないで残る友達って、すごい碌でもない吹き溜まりみたいになりそう…