読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

昇格プレーオフが好き♡

Jリーグ サッカー

Jリーグはこのごろ、割とコロコロとレギュレーションを変えていて、サッカー好きとはいえばかものの私には、ちょっと追い付いていけないところがある。

今年初めての試みが2ステージ制&チャンピオンズステージである。大人の事情が見え隠れするチャンピオンズステージは、我が軍が最後まで残れてたら楽しかっただろうが残念ながらカスれなかったのであんま分かんねーなと思ってたけど、やってみたらまぁ良かった。一番良かったのは、年間1位の広島が順当に優勝したことだ。なんか後味悪くはなりたくないもんね。
3試合のうち一番面白かった決勝1試合目・水曜ナイター民放地上波7%の残念視聴率というボタンかけ違ってる感とか、ガンバ今季は試合数多すぎて可哀想だったな*1とか、結局冠スポンサー新しく探してこれなくて赤っ恥とか、決勝2戦を違う放送局に売るとかどんだけ貧乏くさい商売してんだとか、色々言いたいことは積もるほどあるけれど、試合は凄く面白かった。やっぱり万博のガンバ広島戦が白眉だったな。こんな局面であれだけオープンな試合が出来るクオリティはさすがだなーと思います。

 

で、そっちは、我が軍が関係なきゃ極論どうだっていい話笑、なのだが、逆にすっかりお気に入りなのがJ1昇格プレーオフである。3年目だけど毎年ちょう楽しい。そして井原監督おめでとうございます!&セレッソ残念だった…。

なんで私は、チャンピョンズステージよりも昇格プレーオフの方が心が躍るのだろうと考えると、切羽詰まってるからだ。J1の優勝賞金って確か2億円だったと思うんだけど、J1とJ2だと恐らく収益の差はそれと同等もしくはそれ以上だと思う。それにJ2はリーグ戦の試合数が多いことと、今のところ年間通じた勝ち点で競っているからというのもある。要するに、積み上げてきたダイヤブロック*2の数が違うというか、それをガラガッシャァァァーンとするようなカタルシスというか、本当にヒリヒリするのである。見てる分にはこんなに面白いことはない*3

 

準決勝の福岡vs長崎は、アジアの壁監督vsアジアの大砲監督*4という話題カードであったが、リーグ戦は2試合ともゼロスコアだったのと、勝たなきゃダメな長崎より引き分けでもいい福岡の方が守備力は高いと見ていたので、塩試合確実だと思ったら超面白い試合で。
一方の準決勝、セレッソvs愛媛については、切実なセレッソと初チャレンジの愛媛ということで、まぁ分が悪いのは愛媛かなぁギタギタに刻まれたら可哀想だなと思ってたら同点で、こりゃちょっと危ないなセレッソ…と思っていたのだ。

で、昨日の、J1昇格プレーオフ決勝。私も、サッカー観戦仲間たちも「福岡じゃね」と予想していた。なにしろ福岡はシーズン終盤は連勝していて上り調子かつ準決勝も良い試合をモノにしている。一方でセレッソはPO直前にアウトゥオリ監督が退任という事故が起きたりと、チーム状況は下がり傾向だったから。

 

私も上のようなことはもちろん思ったが、それよりも、セレッソの選手があんまり楽しそうじゃなかったのがずっと気になっていたのだ。

今年は、なぜか(というとカマトトだな。フォルランと山口蛍見たさに)セレッソの試合をわざわざ現地まで見に行った、全部で4試合も。で、勝ったり負けたりしたわけだけれど、どの試合もあんまり楽しそうじゃなかったのだ。勝ってすごくうれしいという感じも伝わってこないし、負けたり引き分けたりしてもすごく悔しそうな感じがしない。個々の選手の顔を見ると明らかに悔しそうだったり燃えてる顔の選手もいるのだが、山下とか丸橋とか。あとベテランだとモニーとか玉田とか。でもチーム全体の温度が低い。蛍はキャプテンで守備のかなめで攻撃の起点をやっていたが、語弊はあるかもしれないが「流してる」というか、本気だしてるかなという様子で、それでも出来ちゃってるというか。パブロはムラがあるというか田代とぜんぜんあわねーなとか。関口も俺が俺がだし。なんかね、チームのそれぞれの選手の顔が全部バラバラだった。
実はリーグ戦の福岡戦@長居も見に行っていたのだが、前へ前へと勢いがあったのはアビスパで、前線にタレント抱えたセレッソは精度も欠いていたしDFとFWの連携も決してうまく行っている感じもしなかったしで、大丈夫かしらと思っていた。

 

で、PO決勝を見て、やっぱりそんな感じだったんだなぁセレッソ。としみじみ悲しい気持ちになったのだ。で、選手にももちろん問題はあったんだろうが、試合後インタビューを聞いていて取りあえず気付いたのは、監督ってやっぱ大きいなってことだ。

井原アビスパは若い選手が多い。当日スカパーで解説をされていた川勝さん*5曰く「若い選手なのにベテランみたいなDFをする」といった様子の井原さんのチーム作りは良くコントロールされていたんだろうと思う。一方でセレッソは、まぁ元々のチームカラーが「ザルで殴る」といった趣のクラブだから仕方ないのかもしれないが、それじゃ一方で、攻めの方法論は持っていたかというとシーズン通して見通せなかったよなとは思う。何しろパブロと田代がぜんぜんタイミングが合わないし、玉ちゃんは前で奮闘するけど関口がこねちゃうしで、はっきり言うと「あんたら仲悪いんか」という感じなのだ。フォルランいた時までは、フォルランが1列目と後ろをつなぐ役割までこなしてたし前で納めてくれてたりで、それほど気にならなかったが、フォルランが抜けて見たら2列目がすかすかだったというか。そういえば決勝でもパブロと田代あってなかったよなぁ…。

 

そして、大熊さんと井原さんは、選手起用でもかなり異なる方法を取ったと思う。今季の井原アビスパは「終盤ちょっとてこ入れしたくなったらサカティ」というのが定番だった。坂田大輔32歳である。ちょう走り回る32歳FW。一番前から猟犬みたいに相手DFを追い回して攻撃を遅らせる。平気で3列目ぐらいまで戻ってそっから追いまわしたりしちゃう。この頑張りをしてくれることで流れを引き戻せるシーンは何回かあったと思う。ベテランらしくないプレーではあるがやっぱりベテランで、流れを引き戻す役割を全うする。

一方で、大熊さんはPO決勝での交代策を間違ったと私は思う。ハッシーを落とすべきじゃなかったんじゃないか。まぁ橋本英郎36歳だから90分はきついかというのはあるが、じゃあハッシーは後から投入だって良かったんじゃないかなーと思うのだ。PO決勝で中村北斗に入れられた同点弾、同じ攻撃パターンを実は何度も作られている。得点シーンの10分くらい前にも作られちゃっている。ニアやボール際に集まりすぎてファーががらがらなのだ。誰か―バランスとってあげてーハッシー!だからハッシー下げたらあかんやんか…というやつだ。

 

試合終了後の監督インタビューで井原さんは「1点取られても諦めず90分戦おう」と選手に伝えたと言っていた。同点の場合は下位のアビスパが昇格というレギューレーションだったから当然だろう。一方、選手インタビューでキャプテン・バンディエラ・城後は「アドバンテージをうまく使えた」と言う。選手と監督の意思がしっかり噛み合った良いチームだなと確信させるインタビューだった。優勝が決まって城後に駆け寄る選手たちと、笑顔なのに泣いてる男・城後、なんて良い顔だろう。

一方で、セレッソはやっぱり顔がバラバラなのだ。特に交代後サイドで見つめていた玉田がそのまま崩れるように男泣きしてる様子には胸が痛んだ。ただ、セレッソは追加点もっとちゃんと取りに行けたろうよ、とも思うのだ。チャンスはあったんだよなぁ。追加点とって0-2になったら多分福岡は万事休すだったと思うよ…どうもラストプレーが軽かったのも、シーズン通してずっと変わらなかった。大熊さんの監督コメントを読むと、守備のバランスを見ながら2点目を取りに行きたかったけど出来なかった、とある。そのための大切な選手が扇原だと思うんだけど、扇原の投入タイミングも遅かったと思うんだよね…。一度悩んでひっこめたりしてたしなぁ…。

 

来年はセレッソ、清水がJ2である。どっちも割とシンパシーを持っているクラブなので、まぁ来年もJ2観戦の数は増えそうだな私は。

 

おまけ

  • 井原さんのインタビュー、静かに興奮しておられた様子で「オレらは…、いや我々は」って言い直すのちょうかわいかった。しかし井原さんは長く名将ネルシーニョの下でコーチやってただけあって人心掌握もばっちりであるな。いつかマリノスに戻ってきてくれる気はあるだろうかな…あるといいな。
  • セレッソは、スイスに行ったきりの柿谷が戻ってくる可能性の報道もあったりで、それが本当なら、今、一番足りない1.5列目で技が出せる選手が手に入るわけだが、1年稼働してない選手のレストアも必要だし、蛍が出ていく可能性なんかも考えるとまだ受難が続きかねないなぁ…
  • 柿谷はなぁ。どうなんだろうあんなに美しいトラップ、あんな花のあるプレーヤーもそういないから戻ってきたら見に行きたい度が高まるけども
  • やっぱりスカパー中継はいいな。川勝さんの解説も好きだが名波の解説楽しい。監督にしておくのはもったいない笑 「芝生の匂いのする解説」だ。
  • 井原アビスパ、来年、今のチームの組成そのままで当たると、我が軍にとってはすごく苦手なタイプである。組織的によくコントロールされたタフなチームって、うち、一番苦手なタイプですねん。新潟とか甲府とか大宮とかさぁ…苦手なんだよう。
  • とはいえ、井原アビスパのスタメン常連のうち何人かはレンタルである。来季どうなるんでしょう。我が軍が負けるのも絶対にいやですが、井原さんが苦しむ姿も見たくない…

*1:某優勝クラブや某赤いクラブはACLはやる気あるように見えないんだよなぁ。なんかねー、釈然としないよなガンバと柏が可哀想だ

*2:レゴよりダイヤブロック

*3:巻き込まれるのはすごく嫌だから我が軍にはぜひ来季もがんばってほしいと思う。そういえばJ2昇格プレーオフは町田が勝ってたな。町ちゃんは今度こそ相馬さんを手放さないようにしっかりつかまえておきなされ

*4:どちらも往年の名選手なのだが、アダ名の冠が「アジアの」というところが、ほんの四半世紀前まで日本のサッカーからは「世界」が見えなかったんだなぁとしみじみするんですよ

*5:川勝解説はとても良い。監督経験者ならではの現場感覚に基づく冷静な分析と、見ているうちに好きが高じてきちゃう感じのバランスが絶妙で愛らしい