読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

まとまらない頭で id:toratsugumi さんへのお返事

長すぎるブクマ的なもの

パナマペーパーについては、色々ぐるぐる考えてんですけど、まだ形にできないなぁと思っていたのですが、不躾なidコールにご返答いただいたので、まとまらないままに今考えてることをお返事します。まとまってないのでダラダラ長いし、面倒ならスルーしてください。呼び出しといてごめんね。

 
 
 
 
私のブコメの主旨を理解いただいてないみたいで、自身のブコメ力不足()を痛感しますが、個別の投資活動の是非に違法性を指摘してる人は、いないんじゃないかと思います。なので上にあるtoratsugumiさんのブクマ、いや、そんなんわかってんだけどなぁ…というふうにしか思えないんですよね。
僻んでんのかとかリスクも取らずに、と、まぁ言いたくなる気持ちはわからないでもないし、たくさん納税されてご立派だと心から感服いたしますが、こちとら、そんな話はしてないんですね。
 
これが報道に値する問題だと考えられている理由は、個別の投資活動の適法性のことではなく、「社会にとって資本とは何か」についての道義的責任や倫理について、ブラックボックスに入れて肥大した投資マネーというものが象徴となって、大きな問題だと捉えてられているからなんじゃないかなーと思っています。
 
21世紀にもなって今更なにを言ってんだ、と、確実に思われるでしょうが「ばかもの」みたいなことを言いますけど、私は、事業の再生産のためではない投資のための投資って、それはそれでご心労もあるかもは思いますけど、本質的なとこはクソだと思ってるんですよね。資本の役割と性質をわかってねーな、というか…。言いすぎではありますけど、あの手の金融商品って、社会に還元されない、投資商品作るための投資活動という色合いが強いでしょう?
もちろん大きく捉えればそのような投資活動で食ってる人もいるわけですし、循環する資金事業会社の事業へ回り私のような給与所得者に巡ってくることもあるけれど、特にこの20年くらいは、投資マネーが投資マネーの世界だけで回ってる色合いが強くなっている。
株価の乱高下は上場企業にとっては大きなリスクの一つですし投資家はより高位な財務数値を望むようになって上場会社の経営の舵取りは難しくなってるしね。もちろん一面では健全な市場商品たろうとするのは良いことですが、不安定な金融市場のリスクヘッジのために内部留保かかえたり、新規投資への足並みが鈍くなったり、結果従業員への給与へしわ寄せがきて、刷った札ほど足元物価が上がらず…といった悪影響も、投資のための投資には、別の側面から見たら、あるわけで。
資本はその存在自体が悪なわけではもちろんないし、金融投資だってもちろん悪なわけない。
ただし、大きく集まった資本って、社会全体に与える影響がどうしても大きいので、暴走を助長する可能性も少なくないタックスヘイブンという「箱」の中の投資には、厳しい目を向けておいたほうが、社会全体の安全のためには大切なことだったりもすると思うんですよね、私は。
テロ社会とか貧富の差とか、生み出してる原因は、大きすぎる資本が「なにが悪いん?法律通りやん」て言いながらジャイアンよろしくブンブン暴れてるからだって側面もあるわけで。
 
タックスヘイブンという箱でなにが悪い、という問題については、私の説明では手にあまるので
こちらを見ていただけると。podcastまだ聴けると面白いんだけど、ちょっと前の放送分なのでダメかも。
 
大きな資本や投資が社会全体に与える負の側面も全部無視して「なにが悪い、リングに上がってもいないくせに」と言うのは、まぁ、そういうのがお好きな方なら気持ちがいいのかもしれないけど、私から見ると物事を一面からしか見られないご都合主義にも見えます。
大きな資本が社会に与える影響が大きいからこそ、例えば不良債権処理のために民間の銀行に公的資金の貸付をしよう、という結論にだってなるわけで、そっち側の社会的影響だけは受けとって、悪影響のときは「知らんやんそっちが相場張ってないほうが悪いんやん」というのは、やっぱ、馬鹿だよ。
資本やお金の社会的な役割って、まとまって額の大きさによってかなーり変わるでしょう?投資効率と一緒で。だからまぁ、社会問題になって当然だと思うよ、やっぱり。
 
あとねぇ、貯蓄についていえば、確かに日本は普通預金比率大きいですし預金総額も高いんですが、その理由は、社会保障制度のハシゴ外された感や内需シュリンクによる不安感だったりもするでしょ。なんかねぇ、感覚的で申し訳ないけど、タコが死にかけで自分の足食う、みたいな感じするんですよね。知ってます?タコって、外敵に足食われてもまた生えてくるのに、自分で食った足は生えてこないんですってよ。なんかねぇ、そんな感じがするんですよね。
 
そういう感情論的なとこで着地するのも申し訳ない気もするんで、申し訳ないついでに、投信にお詳しいようなので、以下の点、もしご存じなら教えていただけると嬉しいです。
わたしはタックスヘイブンを使ったスキームの仕事に実際に関わったことないんで、いまいちわかってないとこがあるんですよね…。細かい商品説明書みるのもめんどいのでw
分からないのは、投資法人のフィーに課税はされているのかということです。
運用益そのものの話ではありません。ファンドには運用する法人があって、運用に係る報酬などのフィー収入で食ってるかと思うんですが、その辺はどうなんでしょう?かかっているのか、タックスヘイブンならではの優遇税制があるのか。それとも運用会社はまともに税金かける国にあってそこの税法に従って税金を納めてるのか。
また、運用責任者へのフィーの一般的な相場はどんな程度なんでしょうか。プライベートファンドだと預かり額に応じてフィーを得たりしますけど…なかなか無視できない額だったりしますよね?それはどの国の責任において課税されてるんだろうか。
その辺をガサゴソすると、ひょっとしていろいろキナ臭いこともずるっと出てきたりしないかなーとか思うので、どんどん調査が進むといいなと思います。
 
まぁ、これだけ長いの読んでもらえなさそうだし、読んでくださったとしても、おそらく宗教の違いのように分かり合えないかもなぁ、とは思ってる。
トラツグミさんをダシに、ずっと考えててまとまらない思考をちょっとだけアウトプットしてみたという側面もあるんで。ほんとすみません。