読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

ほんの少しの気の緩み

Jリーグ J3 YS横浜 サッカー

昨日はマリノスが、いまだ沼の底も見えず…といった残念な試合を繰り広げていましたが、今日も今日とて、げんきにJ3観戦に行ってきました。

今日は、YSCCvsガイナーレ鳥取鳥取戦は、毎年野人岡野GMが来てくれますが今シーズンもかっこよかったです。あと監督は今年から柱谷哲二さんなんですが、すれ違って思わずかっこいい!と思ってしまった。さすが日本代表キャプテンを務めた男。

 

と、私が相手のかっこうよさに呑まれてしまったから、という阿呆な理由なわけはまったくなく、残念ながら0-1で負けてしまった。

昨日はマリノスが負けて、今日はYSが負けて清水も負けて。全部ウノゼロで負けてるのが何だか皮肉ですが、3タテ食らったぞ、こら*1。 

 

取られてしまった1点は、(贔屓目じゃなく)力負けとかではなく、自陣のサイド深いところで一旦はボールを奪ったのに、一瞬こちらの選手が「…ええと、で、どうするんだっけ」となってしまったのを、突かれたという感じです。
いやまぁ、試合中に「…ええと」なんて時間があっちゃ、本当はいけないんで、やっぱり力負けなんだよね。

 

樋口さんが作ってるYSCCは、DFラインを高く、中盤でしっかりチェック、前線は追いまわし、というのを90分間、続けなくてはいけない、なかなかキツいサッカーなんですよ。YSCCはただでさえ他のクラブと比べても戦力が厚いとはいえないチームなので、11人が全員、集中して自分の役割をこなさなくてはなりません。シーズン当初は「練習が大変すぎ…」と選手がこぼしてるという話もあったりしたようです。ただ、この4試合ぐらいを振り返ると、ようやく樋口さんの思っているサッカーを形にできるようにはなってきた。

ただ、「YSのサッカー」をかたちに表すことができるようになった一方で、勝てなかった試合の点を取られた瞬間は、集中力が切れてしまった瞬間という感じなんですよ。
本当は、もともと得点力は残念すぎるので、できるだけ失点したくはないんですが…。45分×2、炎天下で、沢山の約束事と戦術をこなしながら集中し続けるというのはそれほど容易なことではないんですね。隙ができてしまって、その隙はやっぱり相手は見逃さないのが当たり前です。

負け惜しみではありますが、「攻撃のかたち」を作れていたのは、こちらの方が多かったぐらいだったんだけど。あーーーくやしいな。もう!

 

闘将の作ってるガイナーレ鳥取は、3バックで、攻撃の時はSBがすごく高い位置を取り、守備の時はキレイな5バックのラインを作っていました。よく練習してるんだろうな、今まで結果出なかったのはたまたまか、まだ新チームにフィットしきれてなかっただけだったのかも。良いチームだったと思う。でも、うちだって頑張っただけどよー。

 

闘将柱谷は、すれちがってお見かけしただけでしたがスーツがびしっと決まって大変かっこうよかったです。一方、うちの樋口さんは、マリノスで監督をされていた時はびしっとオフィシャルスーツを着こなしておられましたが、YSではコーチジャージです。おまけにこのところは暑いから半袖半ズボン。
外見だけで言うのもばからしい話ではありますが、もっとびしびし鍛えたるでー、というメッセージを勝手に受信しているのです。勝手に笑。

 f:id:penguaholic:20160515204247j:image  f:id:penguaholic:20160515204259j:image

ジャージだってかっこいいんだから!
そして1試合采配後は、闘将だってスーツヨレヨレになるのよー

 

まぁ、出来たことが何もなかったわけじゃない。前向いて次また行こう。

 

来週末は、マリノスの神戸アウェイに日帰りをして、日曜は、味スタに清水を見に行くか、ロアッソのホームゲーム代替試合を見に柏に行くか、考え中です。ロアッソの手助けもしたいんじゃ。それに、柏サッカー場はピッチが近くて良いしな。味スタはピッチが遠いからな。

 

おまけ

しょんぼりしながら帰宅して、すぐにTVを付けたのは、TVっ子だからということではなく、スカパー中継の千葉vsロアッソの試合を見たかったからです。ちょっと間に合わなかった…。
試合は千葉が2-0で勝ちました。ふだんはめったにJ2の中継をしないNHKBSでも中継してたり、スカパーは特別編成だったりと、千葉にしてみりゃやりにくいところもあったでしょうが、町田也真人が素晴らしかったですね1点目特に。いやほんと。

試合後は、ロアッソの選手がぐるりとスタジアムを歩いて感謝の意を表していました。スカパー中継では、ロアッソのキャプテンの岡本とそして巻がインタビューに答えていましたが、二人とも目に涙が溜まっていたよ。
千葉のゴール裏も、ロアッソのゴール裏も、お互いをいたわり健闘をたたえる様子で、Jリーグ名物のヌクモリティなダンマクやゲーフラもたくさんかかっていた由、すばらしいなーと感じ入りました。

巻は、千葉で頭角を現した選手です。千葉のサポーターにも色々思うこともあっただろうと思います。こういう繋がりと助け合いが、サッカーをわーわーきゃーきゃー応援しながらできるなんて、ホントサッカー好きってお得な生き物だなぁ

 

おまけ2

試合前に、鳥取のスタメンみて前俊いてびっくりした。まぁ鳥取はJ2にだっていたことあるわけだしそんなにびっくりするのも失礼かもしれないけど…。
前節はうちの松田くんとムリキのバチバチがすごく面白かったけど、今節も松田くんと前俊がバチバチいわしててすごく面白かったよ。前俊は抑えたんだけどね、18番の河合修人くんが上手かったなぁ羨ましい。今、プロフィール見に行ったら京都橘なのか。なるほどなぁ。
それはともかく、twitterで検索してたら、おそらく勝った結果だけを見て「前俊さすが」みたいなのが躍ってたけど、前俊は、ちょっとこう、今のままだと色々まずいかなぁと思いますよ。J3は試合を見に来ないと全容が分かんないので困るね。

 

おまけ3

主審がなぁ…。それほど揉めてるわけじゃないファウルプレーで、割って入ろうとしたうちの選手の腕をびしっと払ったの、どうかとおもうぜよ。もめごとを起こさないでプレーを進行させなきゃいけない主審が、そういうことしちゃダメだと思うよ。>山岡良介主審なー。
松田くんが試合終盤、攻め焦ってたんだと思うけど主審に「そんなこといいですから、早く進めてくださいよ!」って、丁寧語で叫んでたの笑ったわ。プレーの苛立ちと相反して口調が妙に礼儀が正しかった笑

*1:ええと3タテって普通は野球の3連戦を3連敗することを言いますが、私の場合はJ1、J2、J3それぞれ応援するクラブの「今週の勝ち点事情」を言います