読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

横浜で、連戦連敗したって、最高とは言えないけど楽しかった週末

サッカー Jリーグ 横浜F・マリノス J3 YS横浜

南米選手権は先週から、欧州選手権はこの週末から始まりました。

わたしはすっかり「サッカー合宿」的に、どっちも、まぁできる範囲で見てやろうと思って、使い古したHDレコーダーを買い替え、スカパー!Jリーグセットから欧州セットに切り替え、WOWOWに加入し、と着々と「サッカー合宿シフト」を組んで、面白おかしいサッカーライフを送っています。

 

それはそれとして、W杯じゃないのでJ1も普通の顔をして営業中、J2、J3はもちろん営業中なので、この週末は、土曜の「特別レプユニ大盤振る舞い@日産スタジアム川崎戦」と、日曜の「もとJ2のクラブは動員力があってありがたいですよね@三ツ沢サッカー場栃木戦」を連続で見て、連敗してきました。ああがっかり。

土曜の川崎戦は、俊輔のミスが目立ちましたねぇ。今季は、というかやはりこの2年は、調子が上がりきらないシーズンが続いてると思います。調子が上がりきらなくても、それはそれでセットプレーで点が取れちゃうし、相変わらず走行距離とかスタッツはすごいしで、すげえよなとは思いますが、マリノス的には、やはり徐々に、司令塔・俊輔から、スペシャルサブ・俊輔ぐらいになるのがいいのかなーと思ったりもしないでもない。引退はまぁ、まだ先で笑。若手にとっては、俊輔の衰えがチャンスなわけですが、何しろ越えるには高い山だからなぁ…。


おもしろいのは、対戦相手の川崎もそれほど良い感じでもなかったんですよね。
今年の川崎は守備へある程度バランスを取りながらやってるので、得点力がちっとも上がらない我が軍との試合は塩試合になるかなーとは思ってたんですけど、前半に得点されちゃうまでは、予想したイメージ通りのシオっぽさでした。とにかく両選手動かないw 川崎が仕掛けてくるのをマリノスが待っているというか、言い方は悪いけどなすすべがなかったのかなと思ってしまうぐらい、後手後手だったですね。川崎は攻撃力がやっぱ怖いですから、受けちゃったらダメなんですけど…受け身になってしまっていました。リアクションではじき返すだけなら、マリノスはある程度はできるんですよ。代表級の最終ラインなんですから。でもそれを30分やったら、そりゃ点取られるよ。逆によくロースコアで終わったよなぁ…と思うような試合でした。ああしょんぼり。

失点は、新井くんのミスが目立ってしまったのは確かですし、コメントで本人もひたすら半生をしている様子ですが、そもそも、それ以前にね、チーム全体がボールの奪いどころをちっともつかめない感じでしたねぇ。

後半は、わたしにとっては、中澤が印象的でした。あまり最終ラインから出ていくことはないボンバが積極的に前に出ていました。まぁ、前に、とはいっても、風間さんが監督になってからの川崎とやるときは、ものすごくアクティブエリアが狭い*1ので、いつものラインより5mぐらい上がるだけで「ぼ、ボンバがずいぶん積極的に!」という感じになる。
昨日の試合は、「YOKOHAMAを胸に」というスローガンのもと、4万人集客を目標にした企画をやっていました。通常のチケット価格にプラス500円上乗せした特別レプリカユニTシャツ付きチケットを販売して、結果的に5万人に届くかというぐらいのお客様が来てくれていましたので、ボンバとしては「大勢のお客様にこんな消極的な後手後手の試合を見せるわけにはいかぬー!」とか思っていたんだろうと邪推しています。

そのガッツを、もっと、全部の選手から、すべての時間で見たかったよなぁ…。
学はすごく良かった、というか一人気を吐いている感じの活躍でしたが、単騎突入ではやっぱり限界があるよね。マルちゃんは、アホらしいファウルをもらわなくなった分、Jリーグにフィットしてきたかなとは思いますが、一方で学の電光石火カウンターよりも速くてびっくりしたフォロー力なんかが見られなかったのが、ちょっと残念でした。まぁ、完敗やね。

 f:id:penguaholic:20160612233313j:image

限定ユニモチーフのコレオ。メインスタンドからだとなんかぐんにゃりして見えちゃった笑

 

マリノスは集客企画をやると、どうも勝ちにくい感じもありますが笑、いつぞやの優勝を逃したホーム最終節の時よりは未来があるかなぁと思ったりもしています。せっかくユニあるからまた見に行こう的なね。いちげんさんが、にげんさん、さんげんさんになり、気がついたら熱烈応援者になってくれる人が、一人でも増えるといいなー。

 

とはいえ一方では、普段の1.5倍近いお客さんが入ったことで、スタッフも大変そうでした。
重度のJリーグ観戦者の人生は、「行列を受け入れる人生」です。自由席の入場列、美味しそうなスタジアムグルメを求める列、シャトルバスに乗り込む列、グッズ買う列、うろうろするマスコットと戯れたい人の列etc...。
一方で、やっぱりあまり慣れていない観客の方は、なんの列かもわからずに並んでたり、お目当ての行列に並び遅れてスタッフに文句を言っていたり…なんていう風景がちらほらと見られました。慣れてる我々は、何日も前からHPをチェックして「あれ食べよう、アレやろう、ここ見に行こう、アレに参加しちゃおう」と計画を事前に立てておきますが、おそらくそういう風に情報を提示されていることも知らない人が結構いるんだと思う。
マリノスの場合は、日産スに向かう橋のあたりで「今日の面白いイベントこちら!」みたいなチラシを、毎試合、配ってくれています。ただこれも、「配ってる」という事実を知らないと、知らないままなんだろうなぁ…。こういうの、難しいですねぇ。たまたま目の前で、60オーバーぐらいのキョーレツなおばあさん二人組が「せっかく来てやったのに!」「わたしたちだけでも列にいれさせてよ」とかスタッフに粘着していたのを目撃してしまって、むつかしさをしみじみ思いました*2

 

日曜は、三ツ沢でYSCCvs栃木の試合を見ました。こちらも完敗。スコアは0-1ではありましたが、実際の試合趨勢はどう考えても0-3ぐらい行ってもおかしくなかった感じでした。
それと、悲しかったのは、確かに主審のファウルジャッジはどうもこう、揺れ揺れブレブレでどうなのこれは、というところはあったんですが、それに宮尾選手がこだわりすぎちゃって試合が荒れちゃってましたね。
栃木はたくさんお客さん来てくれて、「圧」が強かった*3のも、普段あまりお客さんが多くない笑、YSの選手の心の琴線に響いてしまったのかもしれない。試合中も小競り合いをしてましたが、試合後にもまた小競り合いをしてて、樋口さんがあわてて駆けつけて引きはがしてたのが、なんていうか情けないような、お父さん力が高ぇえ!というか、しみじみしました。

試合後コメントを読んでも完敗という感じだったのですが、小競り合いした選手の反省の弁あり、監督からのお詫びあり、冷静に完敗を分析するキャプテンもあり、で、まぁ、ダメな試合ではありましたが、チームワークや前を向く姿勢はまだあるかなぁと思ったりしています。

 

YSは2週間ホームゲームがなくて、次は夏のナイトゲーム期に突入です。来週はマリノスもYSもアウェイなので、久しぶりに日本平に行って清水の応援しにいこうと思っております。

なんだかんだで、先週は一つもサッカー見に行かなくてさびしかったので、負け試合×2でも、やっぱりサッカー見た方がずっと楽しいなと思った次第。

 

おまけ

EUROの録画がたまった。たまっても利子がつくわけでもない。どこかで見なきゃね。
コパ・アメリカ・センテナリオについては、まぁ何とかやりくりしながら見ています。ただ今週から仕事忙しくなりそうなので、コパ・アメリカもたまると思う。やはり利子は付かないが。

 

おまけ2

スカパー!はやっぱりサッカー馬鹿の集まる放送局だなぁと思うんですよね。
今回のコパ・アメリカでは、「サッカーおやじ会スペシャル・コパ・アメリ会」という、面白い番組をやっています。名実況八塚宏さんをMCに、スカパー!サッカーの解説陣、そうそうたる元サッカー選手や、おもしろいライターさんなんかをお呼びして、その日の試合の感想を語り合ったりするかと思いきや、昔取った杵柄の話をギャハハハハ!とやったり、秋田のヘディング力を確かめたり、秋田の不屈の闘志はウルグアイ人のそれだという馬鹿話をやったりしています。

南米サッカーって、あくが強いなーと思ってどちらかというと積極的に摂取したことがなかったんだけど、このおやじたちの雑談がとてもよいガイドラインになっていて、コパ・アメリカをすごく楽しんでいますよ。ありがとうスカパー!

スカパー!さんは、2014ブラジルW杯の時に、放映権は買えなかったのに生放送でW杯番組をやるという超ゴキゲンな暴挙をやっていました。わたしはばっちりほとんど全部見たぜ!すごく面白かったなぁあの番組も。MCは、クラッキーこと倉敷保雄さんと、えのきどいちろうさんでした。どちらもわたしが大尊敬するサッカー人。

サッカーの試合を流すだけじゃなくて、サッカーってこういう風に見ても面白いなというのが、ほんとサッカー馬鹿が作ってんだなぁとしみじみするのです。
Jリーグの放映権をイギリスの局が買って良かったね、と思う反面、放映権料が上がってしまったらスカパー!の制作に響いちゃわないかしらと心配していますが、ぜひJリーグにはご配慮おねがいしますよ。マジで。いやマジでよ。

 

おまけ3

昨日の俊輔、ダーク・俊輔*4と化してましたね。ケンゴに割とたちの悪いファウルしとったりなぁ。俊輔はやはり、前線がもっと「受け手」として動いてくれないと機能しないんですよね。で、自身も調子が良くなかった*5のもあって、あんまり内にこもらずにいてくれるとよいのだが。

 

*1:川崎は最終ラインもパス回しに参加します。パス回しというか、タテにジグザグに2~4列目でパス交換しながら相手の守備ラインの崩れを誘うパターンが多いので、ラインがすごく高いのが特徴です。

*2:個人的には、すごくキョーレツなバーサン二人だったし、「せっかく来てやったのに」なんて口に出しちゃう人がまたスタジアムに来なくても結構!とかつい思ってしまいそうになりますが、そんなキョーレツなババアでもありがたいお客様でもあるわけで、できるだけ優しくしてやらなきゃだめなのだろうか…とかね。なーもう

*3:まぁ、どう考えてもファウルなのに審判にブーイングしてたりしてどうなんですかそれはという感じの圧

*4:ダース・ベイダー的ななにか

*5:俊輔が距離合わないパスなんて、まずしないのに昨日は1、2回あったようにおもいます