読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

サッカー合宿中のJ2ナマ観戦

サッカー Jリーグ 清水エスパルス

昨日は、清水vsジェフ千葉の試合を見に、日本平に行っておりました。雨予報だったので、上から下まで着替えを準備して大荷物で出かけたものの、結局試合開始直前に雨は止んで、試合が終わる10分ぐらい前からまたぽつぽつと降り始めて、という、運がいいんだか悪いんだか、という感じで、ぜんしんずぶぬれ着替えて帰らなきゃ、というほどでもなかったですが、全身がうっすらしっとりとして、勝ち点1を分け合う試合に感興を催してきました。まぁ、アイスタは屋根がないんで、試合中ずっとざーざーだーばーばー降り続けられるよりはずっと運がいいんですけどね、なんだかんだで。

 f:id:penguaholic:20160620191157j:image

しっとりとしたゴル裏2階。一番奥の旗は大漁旗フラッグ

 

 

試合結果は、1-1

いい試合かというと、うーんこの、という感じではあるんですが、少なくとも清水は、小林監督が育てつつじわじわと使ってきていた生え抜きの若手選手が、うまいことハマりつつあるなぁというポジティブな感想を持った試合ではありました。

千葉はねぇ…。選手が去年と変わりすぎて、おまけにわたしはイマイチ関塚さんの気持ちをおもんぱかれないので、良くわかんなかった。

 

昨日の試合で私が特に気に入ったのは松原選手、松原良香さんの甥ごさんなんですって、お父様も清水FCに所属したサッカー選手だったとのこと。早いしテクニックがすごい。ちょうど南米選手権を熱中して見ている身としては、おおこのまますくすくと育てよ、とわくわくしています。だーっと走って追いついてボール収めて、一段落するんじゃなくてそのまま前の白崎を狙ってパス出すとか、ねーいいわ。ほんと。清水のサポーターさんたちは「前へ!前へ!」というアグレッシブなプレーが大好きですしサイドアタッカーも大好物なので、人気も出そう。
RSBの川口選手も良いパフォーマンスというか、攻め気もかなり出てきて、両WBがすごく楽しみですね。二人とも若いんだこれがまた。白崎選手もぐんぐん良くなってきていて、中盤真ん中の、もともと「どうにもちょっと寂しいなぁ」という状況に加えて大前選手の大けがで手薄になってしまったところで存在感を発揮していました。あとは金子選手ね。元紀がいれば…という気持ちに何度もなってしまったのですが、それは要するに金子くんが元紀のポジションを懸命にトライしてたからこそで、決定力やポジションへの嗅覚なんてのは、さすがに元紀には「まだ」及ばないところはあって、それゆえの「元紀…」と思い出させるものではありましたが、もうちょっと慣れてくれば十分に活躍してくれそうな気配も大いに感じました。いや楽しみ楽しみ。

 

でですね。こんなことを言ってはアレですし、蒸し返すようですけど、「清水の生え抜き」大榎さんが監督の時よりも、結果的に外様のコバさんの方が、生え抜きの活きの良い若手選手をうまく育てて使ってるよなぁと思ったりもするんですよ。もちろん、若手選手って時間経過とともにぐんぐん成長するので1年の差が大きい、というのもあるんでしょうが、それにしてもさ。
ゴトビさんの監督としての人気が清水で落ちて行ってしまった(結果、大して酷い結果でもないのに解任になってしまったわけですが)理由の一つに「清水ユース黄金世代のほくほくの若手選手を使わない!」とか「小野伸二を干した!」とか、そういう、清水至上主義的な批判が中心だったことを考えると、なんだかねぇ…としみじみします。
そもそも私が清水に関心を持ちだしたきっかけは小野伸二が故郷に戻ってきたことが理由の大きな一つではあったので、当時、出場機会がなくなってしまっていったことは悲しいことではあったけどさ、一方で、出た試合を見ても、45分以上プレーするのはキツイかなぁ…とも思ってたんですよね。若手選手も、何度か練習を見に行った感じだと、「うーんまだ早いか」というところはあったんで。なんであんなことになったんかなぁとは、やっぱり思ってしまう。
なんだかねぇ…。

褒めることばかりを記しましたが、せっかくセットプレーでもぎとった得点を5分で追いつかれちゃう、わきの甘さなんかは相変わらずで、おまけに決定力が低いというか、攻撃のあと一手の雑さはまだ修正できていないので、決して良い内容だと手放しでは喜べない部分もあるんですよ*1。でも、昨日のゴール裏はかなりあたたかかった。個人的にはようやく若手を活かすめども立ってきたし、ゆっくりチーム全体を立て直す方がいいよねと思ったり、一方で1年でJ1復帰できないと営業的にはつらいだろうなぁ…というのとで、いやほんと、金が敵の世の中ですね。しょんぼり。

 

おまけ

千葉の富澤選手。ええと元マリノスなんですよカンペーさん*2
私本当に好きでねぇカンペーさんが。マリノスが放出と聞いて久しぶりに腹を立てたぐらい好きなんですが、千葉はさ、本気で勝ちたいならカンペーさんをスタメンにしてボランチとかアンカーあたりに据えた方が良くないかなぁと思ったりしました。大きなお世話ではあるんですが。後半、清水がイケイケで攻撃しまくってて、千葉が前線のオナイウ&船山が息切れしちゃって、押し戻せもせず主導権も取り戻せず、という感じだったときに、途中交代で入ったカンペーさんが、2列目3列目にぴっ、ぴっ、と指さして指示出して、守備を整えてしまったんですよね。
それまでのチャンスで清水点取れよーという話ではあるんですが、カンペーさん好きの私としては、さすがだわカンペーさん…としみじみと噛みしめておりました。千葉は中盤ちょっと弱いのかなぁ寂しいなぁ。カンペーさん使ってほしいけどな。サッカー力の高い選手なので「抑えのストッパー」みたいに使うの、絶対にもったいないよ。それとも膝がよくないんだろうか…切ない。長澤選手は、もっとがんばれ。マリノス蹴ってケルン行って君は何をしてきたのだ。

 

おまけ2

南米選手権が、ようやくグループステージが終わったので、ちょっとだけサッカー観戦が楽になるかも。とはいえEUROは録画がどんどん積み上がっていっております。

南米選手権、面白いわーほんと。超面白い。今、ちょうど、昨日の午前中やっていたメキシコvsチリ、結果的に0-7という炭鉱スコアでチリが勝った試合を録画で見ながらこれ書いてるんですけど、チリすごい。11人が誰一人さぼらずに走っていちいち球際で戦う、必ず誰かがはさみに行く。好きだわ。
昨日は、アルゼンチンvsベネズエラをLIVE中継で見てから清水に向かったんですが、なんかねー「サッカーのローカル性」みたいなものに、一日中ぐっと来る感じでした。EUROは、がんばってこれから見ますよ!

 

f:id:penguaholic:20160620191141j:image f:id:penguaholic:20160620191409j:image

清水のローカル性。

清水のチアリーディングチーム、オレンジウェーブは旗扱いがすごくかっこいいのが好き 

アイスタの御本尊も雨仕様。

 

おまけ3

そういえば、昨日はオジー・アルディレススティーブ・ペリマンの御二方が遊びに来られていました。オジーはその前週のマリノスの試合にも遊びに来られてたんで、私は二週連続オジーにお会いしたことになる笑。
オジーが監督してた時のマリノスはね、楽しかったんですよ。若手も育ちつつあるときだったしね。いい思い出ばかりです。清水では監督時代にナビスコ杯を取ってるのかな確か。清水サポーターさんにとってオジーは大切な監督さんで、愛されてるんだなぁとしみじみ思いました。
オジーはアルゼンチン人で、アルゼンチン人にしては珍しい?攻撃的なサッカーを作る人だった記憶があります。「日本のブラジル」でアルゼンチン人監督が愛されてる、というのも、ちょっとだけ面白いね。
しかしオジー、母国が南米選手権まっただなかだというのにJリーグに遊びに来てて大丈夫なんすか笑

*1:おまけに本気で1年でのJ1復帰を目指すならそろそろ勝ち点3を取りこぼすのは色々まずいと思う…

*2:富澤選手のニックネーム。間寛平ちゃんに似てるかららしいですがw