読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

ドラマチックすぎる週末

Jリーグ 清水エスパルス YS横浜

コパ・アメリカも、EUROも終わってしまって、さぁこれで睡眠不足がなくなるから、Jリーグ見に行くぞ、と思ってたら休日出勤やら残業やらで、サッカー見に行くのが3週間ぶりでした。夏の連戦もあったというのに、ふがいない…。

 

ということで、この週末は、土曜はホーム三ツ沢でYSCCvsグルージャ盛岡J3リーグ、日曜はフクダ電子アリーナジェフユナイテッド市原・千葉vs清水エスパルスを見てきました。満足…大変な満足感でございました。
試合内容もそうだけど、球技専用スタジアムで、生で、サッカー見るのほんとうに楽しいですね。超ハイレベルな国際試合をTVで見るのも大変エキサイティングだけど、そういうのとは、脳のちょっと違う場所でエキサイトしてる感じです。

 

土曜のYS横浜vsグルージャ盛岡は、0-0の地味スコアでした。
グルージャは、J3リーグハイライトで都並さんが「グルージャ面白いチームなんだよ」と言ってたのを3回ぐらい聞いてたので、どんなふうに面白いんじゃー、と対戦を見るのを楽しみにしていました。監督は神川さん、ずっと明治のサッカー部の監督をされてたんですよね、アモーレ長友とか林とかが在籍してた時の監督だったんじゃなかったか。今年からはグルージャの監督をやっておられます。
で、ですね、これが、タテに!タテに!小気味いいサッカーだったんですよ。グルージャ。アウェイで対戦したときはぽろっぽろに負けた模様*1だったので、YS的には進歩といえる、ような気もします。無理やりですかね。よくわかってはおりますがカラ元気です。
ある程度守れるようにはなったものの、やっぱり前線の決定力がどうにもこうにも、しんどいですね。チャンスも作れるようになったんですよ、それでも決められないと勝てないんだよなぁ…。チャンスの数もセレッソのように多いわけでもないんで、なかなかキツイですね。
土曜の試合の素晴らしかったところは、新戦力の北原くん。後半から交代で入ったんですけど、わが軍に必要な「前で受ける、ためをつくる」をやってくれてて、期待度ばつぐんでした。後半は2トップでやってましたが、北原くんと宮内くんで2トップやっても面白そうかなぁと思ったり。

しかしねー。決定力ね。困るねほんと。クラブの規模=金に直結する話だからなぁ…。北原くんは、湘南ユースから大学進学したというキャリアをたどっている選手のようです。YSはマリノスのJYやユースだった選手などもちらほらいたりして、そのように「神奈川サッカー界の下請け構造」みたいになっていくのかもしれないなーなんて思ったりしています。層が厚くなることは日本サッカー全体にとってもきっといいことなんだ…(言い聞かせるように)。

 

 

で、昨日の日曜は、年に一度のフクアリ詣でも兼ねて、清水戦でした。フクアリ好きなので、ジェフ千葉が降格してからも、なんのかんのと理由をつけて、年に1、2度はフクアリにサッカーを見に行っているんです。去年は、vsセレッソ、嵐の馬鹿試合(水曜、嵐の中のJ2リーグで、ワールドクラスのベテランを見た - 長い感想)を見ています。これもゲラゲラ笑った試合だったんだけど、昨日の清水戦は、傍観者じゃなくて主観、清水ファン目線で真剣勝負でした。マジもんでゴール裏で声を枯らして踊り歌っていたのに、それでもゲラゲラ笑ったよ。何だろうすごい試合でした…。フクアリ劇場?

f:id:penguaholic:20160727011522j:image

夏っぽいにも程があるフクダ電子アリーナ。お気に入りスタジアムのひとつです

 

前半は、ジェフは3バックだったんですね。まだ慣れないフォメだったらしくて、プレス弱いわパス悪いわでショートカウンターがハマりまくってやりたい放題でした。なんかウチ優勢だわーなんて思ってる間にぽこんぽこんと0-2の危険スコアになったんですね。
で、関塚さんは前半の最後の方で修正を入れて4バックにした。で船山に決められて1-2。後半もまた船山に、よりによって一度はキャッチしたはずのボールをGK杉山がポロリした奴を行かれて同点、そっからは後半40分ぐらいまでは、ずっと攻め込まれっぱなしだったんですよ、清水は。で、川口の危険なタックルでレッドカード一発退場、から逆転を許してしまいました。

で、おー、れれおーれれおーれれおー、えすぱ!とか歌い踊りながら、同点、逆転されちゃって、あーこりゃやばいわー今日負けるとメンタルに来そうだなーとしょんぼりする一方で、「ひとり減ると勝っちゃうパターンってのがあってだな」とも、ちょっとだけあったんです私の頭の中には。
何しろ清水は、なぜか、退場が出て選手が少なくなったのに勝つ、というジンクスのようなものがあるんですよ。私、にわかな上にそれほど清水の試合を生で見る機会が多いわけじゃないんですが、一昨年?あたりの浦和戦と、その前の年ぐらいだったか忘れましたがFC東京戦で、オモシロ展開を見ています。昨日のこれで3度目。にわかファンの私ですら脳内に浮かぶぐらいですから、ゴール裏に集ったエスパ馬鹿たち*2の脳内に浮かばないわけないんだと思うんですよ。
そしたら、千葉のOGで同点になった。一人少ないくせにサイドを下げずに、足が止まりかけてたFW陣も下げずに攻め気で通した清水が圧をかけて攻めた結果のOGでした。
OGが決まった時、ちょうどゴール裏は、清水の名物チャントのひとつである「グリコ*3」やってたんですけど、途中からチャントにくすくす笑いが混じってきてフワッフワしてきていました。まぁ目の前でOG見たら面白くはなるんですけど、それ以上に「これ、一人少ない清水勝っちゃう伝説あるじゃね?」的な空気になってきたんですね、ゴール裏も、恐らく選手も。

千葉はOGを許してしまったというショックから立ち直れなかったですね。OGを取れた時間が、後半45分近くという時間帯だったことも、ATが5分と長かったことも、清水にとって幸運だったんだと思います。決勝点は、ロスタイム中、チョン・テセのところに偶然に転がってきたボールを、右隅にしゅるーっと流し込んだ丁寧なゴールでした。ノープレッシャーだったというさらに重なる幸運もありましたが、技術力の高い素晴らしいものでした。
試合終了の笛が鳴った瞬間に、清水のゴール前で懸命の守備をしていた千葉の選手が何人かピッチにごろーんとひっくり返っていました。人数が多い方が選手が疲弊していたのでしょうか、それとも、小林監督の試合後コメントの通り「メンタルが大きく左右して」勝った清水の選手はカラ元気が出せたのか。

 

清水のクスクス笑い混じりのチャントの一方で、千葉も、後半ずっと、ジェフ千葉の名物チャント「アッコちゃん」をずっとが鳴り続けていました。特に後半は千葉がキメキメに攻め攻めだったんで、そりゃサポーターとしてはここ一番のチャントをがなりたいに決まってる。「アッコちゃん」チャントは、飛び跳ねる&タオマフぐるぐる、ぽーん、という感じで、はたから見ていても毎回「あれは大変しんどそうである」「ダイエットになりそうである」などと思っていました。あれ、たぶん、後半ずっとやり続けてたんだと思うんだよな千葉サポさん…。痩せたんじゃないかなみんな。引き締まったんじゃないかな、二の腕とか*4

 

試合をゲラゲラ、ぎゃーぎゃー、わーきゃー、言いながら見ていた感想としては、「監督が悪いんじゃなくて、運が悪かった」という気がするんですが、関塚さんは結局監督をおやめになることになったようです。

うーん。

よそ様のクラブのことなので、内実も問題意識も理解しているわけではないので大きなお世話ではあるんですが、ジェフサポさんはまた苦難の日々になりそうな予感もしています。
監督、変えてもいいことがない確率の方が高いと思うんですけどね、一方で、結果が出ないチームでトップが粘ると、なんて言うんだろうか、士気が下がるというかチームワークが悪くなるというか結果が出ない責任を押し付け合うような雰囲気になるというか、まぁ「いけにえ」が必要になるようなこともある*5。監督というのはクビになるのも仕事のうち、なんてことをサッカーの世界では面白がって言いますが、我がマリノス軍も、1監督1年未満が続いていた暗黒期の、本当に、こう、苦行感が高かった笑*6感じや、清水のこのところの不振での監督解任劇も、大変つらかったのを、思い出してしまいました。
まぁ、清水については、今年1年で昇格できなかったときにフロントやサポーターがどのように考えるか、によっては、色々大変なことになる可能性も、あるかもなぁとは思っています。
一方で、私が清水に肩入れしている理由のひとつである「清水エスパルスとサポーター、清水という町のサッカー文化力の高さ」をもってすれば、もし万が一1年での復帰がかなわなくても、大丈夫かもしれないかなと思ったりもする。どっちにしても、じーっと、じっとりと見つめ続けようと思っています。すっかり愛着もわいているしね。

 

おまけ1

スカパー!では、「待っているのは、最高の週末だ!」というキャッチコピーでJリーグ中継のPRをしているんですよ。で、私たち阿呆のサポーターどもは、勝った日には「最高の週末!」とぎゃーぎゃー喜び、負けたら「なーにが最高だっつーんだよ」とくだを巻くものや「マスコットたくさん見られて最高!」と現実逃避するもの*7などが現れたりするんですが、昨日の試合は、最高というか、爆笑の週末という感じ。

 

おまけ2

じーっと見つめ続けるぜ!とは言ったものの、ひとつ困ったことがあって。
私は、常態においてはマリノス好きなので、マリノスが今のところしがみついているJ1を中心にリーグ戦を楽しんできました。で、余技というか余興というか箸休めというか、「切実さとは違う場所で楽しむサッカー」としてJ2を嗜んでたんですね。ほお良い選手だねとか、あのスタジアム楽しそうだなとか、よーし時間がある時はフラッと見に行っちゃおうかねとか。
そうやって、カジュアルに楽しめるのは、自分が利害関係者ではないからであって、いざ肩入れしているクラブがJ2に降格すると、J2をカジュアルに楽しんでは、ちょっと見づらくなっている笑。そして、すでに私はJ3にいるYSCCについてもすっかり身内気分なので、J3も楽しめない笑。

カジュアルに「おお、良い選手だねうちのスカウト声かけちゃえばいいのに!」とか「カエル*8おもしれーwww」とか「まーた繰り返して」とか、そんな風に楽しめないJ2が、どうも切ないので、清水には頼むから1年で昇格しておくれと切に願っている次第。

 

おまけ3

好きで好きでしょうがない富澤選手は怪我らしくベンチ外。比嘉さんは途中でたけど精彩をいまいち欠いていましたね。マリノス興味的にはちょっと残念。

カンペーがいたら、清水負けてたかもなーと割とマジで思ったりします

f:id:penguaholic:20160727011859j:image f:id:penguaholic:20160727011914j:image

蘇我駅に貼られてた選手名鑑がマリ並び。

そしてなぜか筆文字の歓迎ポスター。なぜだ。

*1:J3は試合中継がなかなかないので、どのようにぽろっぽろだったかは知る由がない

*2:褒めてます

*3:当時スポンサーだったグリコにかけたチャント。グリコが背スポンサーからいなくなっても使い続けてるのがすごくすてき

*4:清水にもタオマフぐるぐるするチャントがあって、あれも相当二の腕エクササイズになります。マリノスはあんまりタオマフ振り回さないんで新鮮な筋肉痛が笑

*5:去年のYSはわりとそういう雰囲気だったように思います。結果が出なかったのは監督のせいだけじゃなかったと思うんだけど…監督のやり方が悪いとか選手起用がえこひいきだとか、まぁそういう話になりがちだった

*6:なら見なきゃいいのにね。見に行っちゃうんだよなぁ

*7:わたしです

*8:愛媛FC名物サポーター一平くん