読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い感想

100文字では足りなかった時に

藤ヶ谷は、ネットでは色々言われているが良いキーパーなんだよ

Jリーグ 横浜F・マリノス

チャレンジ!一週間。

 

世間はワールドカップ予選を前に盛り上がってんのか、よく分かりませんが、ハリルホ・ジッチ監督の進退を邪推するような報道もちらほらあったりしますが、まぁそれはそれとして、A代表ウィークはJリーグにとってはJ2およびルヴァン杯の独壇場です。

f:id:penguaholic:20161006203510j:image

ああ、マリノスが予選突破して本当にうれしい。斎藤学が代表に追加召集されたのもうれしいが、ルヴァン杯で学が見られないのが寂しいし不安。そんなアンビバレントな感情に揺れ動くマリノスサポーターですが、なんだかんだでミッドウィーク開催のアウェイ吹田スタジアムに、そこそこ大勢のサッカー馬鹿が集まっていました。私も、水曜日有休取って行ってきました。ものすごいヘクトパスカルな台風が来ているという報道もあったので、台風がまずそうなら行くのやめようと思っていたのですが、太平洋側は何とかなったのでほっとしています。その代わり北陸方面や釜山なんかの台風の被害が大きかったようで胸が痛む。

 

試合は、0-0でした。マリノスとガンバは、西野さんが攻撃オンリーの馬鹿チーム*1を作っていたころから、実は割とロースコアの中盤の身のしまった面白い試合をしがちです。特にウチに俊輔が帰ってきてからこの数年は、俊輔とヤットのバチバチがたまらなく面白かったんですが、このゲームは俊輔が大けが中、ヤットも前節の怪我の影響かベンチ外で、両ロートル ベテランは不出場。このところのNo俊輔マリノスはアンカー置いて4141みたいにして、学とマルティノスの両ウィングが疾風のように駆け上がるサッカーをやったりしてましたが、今日は天野純がトップ下で、4231でガチ勝負でした。

いやー、リーグで結果がなかなか出てないんですが、エリクマリノス、いつのまにか複数フォーメーションをえっちらおっちらこなせるようになっていたりして、私は結構嫌いじゃないんですよ、混沌の中から何かが生まれそうな気がする。エリクさん来年も続投してほしいなぁせっかく若手が育ちつつあるからこそ。

 

 

試合ですが、何しろ台風がヘクトパスカルだったもんで、特に前半は時折、バケツをひっくり返したような大雨がざばぁーーっと降ってきたりする大変不安定なコンディション。更に冒頭で、CBの栗原勇蔵が膝をいわせて負傷交代せざるを得なくなる。エリクさんはアウェイだしある程度守備的に重めに行くつもりだったんだろうと思うんですが、それで据えた勇蔵が交代ということで、わーん悲しいという気持ちと、これだけ天候が悪いと試合が荒れるかもしれないなぁ…と心配になりました。
ところが大変身のぎっしりした面白い試合だった。やはりマリノスもガンバも、テクニックのある選手を山ほど輩出しているクラブですから、多少の悪コンディションでは選手たちのプレークオリティは下がらなかったですね。特に中盤の攻防が大変エキサイティングで、得点は無かったのに満足感の高い試合でした。

しかしなー勝ちたかったなーアウェイゴール欲しかったなーとは思いますが、このところマリノスの支柱になっている斎藤学を抜きにしてゼロ封でいけたのは小さくはなかった。それも勝てたよなぁという感じの押せ押せの試合展開だったんですよね…。

まぁ勝てたはずで勝てなかったのは、痛みではあるんですが、それでも。

 

勝てただろうというのは、特に雨も収まった後半は、最後アデミウソンが入るまでの間かなり押せ押せで陣地を取れてたんですね。あまじゅんは試合の入りがイマイチなのはまだまだというとこはあるんですが、後半は時に質の良い動きで、2列目3列目の連動性を生みだすポゼッションのかなめとなって大活躍でした。あまじゅんがパスの媒介になって、2列目3列目でショートパスをつないでじわじわと陣地を取って行くというのは、いやー見てて楽しいね。

それと何よりも素晴らしかったのが喜田くん。喜田くんの絶妙なポジショニングでセカンドボールがことごとくマリノスボールになり、そのままあまじゅんや前田に預けて攻め上がる、何度もチャンスを作っていました。

 

ただなぁ、アレだ。みんな居残りシュート練習せなあかんちゃうんか笑、という感じでシュートが決まらない。特に前田くんと金井くんなー笑。後半30分ぐらいでしょうか、相当良いボールが金井くんに入ったけど思いっきりフカしやがったでしょう。もう、本人もミートしなかったの分かって蹴った瞬間に崩れ落ちてましたけども笑、二人に限らず、最後のところの精度と思い切りがなかったですね。相手陣内を制圧していただけに…悔しい。もったいない。

前半のスクランブルで投入されたジョンスも、すごく良かったです。勇蔵はビルドアップに参加できない旧世代型CBなんですが*2笑、前で受けてパスがさばけるジョンスが居ることで攻め気が強まって*3、フィールドの制圧力が高まるんですね。このへんがエリクマリノスのワクワクするところではあるんですが、うーん決定力…。

 

この試合は、中盤の陣取り合戦の面白さも見所でしたが、それ以外の見所としては何と言ってもGKの活躍でしょう。ウチの榎本哲也も、ガンバの藤ヶ谷も、これは!というスーパーセーブを数回披露してました。逆にいえばGKの質が悪かったら乱打戦になってた可能性もあるような試合。いやー、地味に見えるかもしれないけど本当にぎっしりと身の詰まったスニッカーズのような試合だったんだなと、振り返ってしみじみ思います。
ウチの哲也は、頻繁にスーパーセーブをするタイプです。若いころはポロリもありましたしフィードの精度には不満は多少あるんですが、それでも最近はあまり得意とはいえない推進力も増してきていてもうすっかり脂がのったプレーぶりです。

一方でガンバの藤ヶ谷。藤ヶ谷はねぇ、一時期インターネットで散々な言われようをしていて、ひどいなぁと思ってたんですね。藤ヶ谷、良いGKですよ。反応とかキャッチングはトップ級の実力があるんですよ。

ただ、彼が長くプレーをしていた西野ガンバは、フィールド最終ラインとGKが連動して堅く守るチームを目指してはいなかったんですよね。藤ヶ谷も常に攻撃を意識して守備をしていた。その代わり取られたら取り返す「いてまえ」チームだったわけで、「そういうゴールキーパー」として最適だった。スーパーセーブも結構してた。

もちろん、代表級にうまいということではない笑。でも、悪い選手では全くないです。チームにおけるGKというポジションの役割が違う、ということでしかないと思う。

最近では知ってるよそんなのという方も増えたと思いますが、GKにも色んなプレースタイルがあるんですよね。この間のW杯の時は、ドイツ代表GKのノイアーのポジショニングがあまりにも前過ぎて話題になりましたが(ノイアー ヒートマップ - Google 検索)

、GKのプレースタイルにも個性があるし、役割もチームによって異なります。基本のポジショニングも違えば、DFとどうやって守備フィールドを作っていくかという考え方も違う。攻撃ありきでチーム作りをするクラブの場合は最終ラインも攻撃ありきで動くので、うしろはがらーんとして最終的な守りのかなめがGKだけ、ということも頻繁に起こるわけですが、その時に藤ヶ谷はかなり良い反応でセーブを見せてくれていたと思うんですよ。

 

まぁ、某サイトなんかで面白おかしく取りあげて話題になって、それを「内輪の冗談」と取らずにネット情報だと藤ヶ谷は下手みたいに思っちゃう人もいたりするんだろうと思う。うーん、実際に生で見ると藤ヶ谷十分うまいけどなぁ…と気の毒に思っていました。

そういうネットの「面白がり」的な嫌な話題、伝わってなかったとは思わないんですよね…。そういえば某サイトは、現FC東京、当時磐田の前田が初ゴール取ったチームがJ2降格する、なんていう内輪の面白がりジンクスも広めちゃってなぁ。まぁマスコミが取り上げ出したあたりでアチャーと思ってたけども、あれで前田はコンディションを崩したんじゃないかなぁとも思うんですよね。

取りあげる人の責任でもないとは思うんだけどね、どういう風に受け止めるか、という話でいえば、ネットの情報をうのみにしてただ面白がるだけじゃなくて、現地で見るとね。生で見るとプレーの印象って違うからさ。特にGKってね、TVで見ているとピンチの時にしか大写しにならないでしょう。でも、生で見るとね、ぜんぜん違うし、守備戦術の違いや個性が分かって面白いから、まとめブログとダイジェスト映像だけじゃなくて、生でみたらいいですよという感じです。阿呆として山ほどサッカー見に行ってるからこそ、まぁそいう嫌みぽいこといったってたまにはいいよね笑。

 

今週末はルヴァン杯のホームゲームです。今のところは行く予定。ただしかなりくたくたなので、今日はストレッチしながら代表戦見て、体と頭をくたくたにしてあったかくして寝て、回復を図ります。

f:id:penguaholic:20161006203620j:image f:id:penguaholic:20161006203600j:image

夜空が真っ白に見えるくらいの雨が時折降ってくるようなヘクトパスカル度合い

帰りはすっかり止んでた。雨に洗われた夜空に太陽の塔の目が怪しく光る

 

おまけ

先週末日曜は、セレッソvs清水戦の爆笑☆逆転劇を眼前で見ていたんです。サッカー見るために中3日で新幹線で大阪を往復しているばかものなんですね。ナイトゲームだと吹田は日帰りできないのですが、ミッドウィークに連休できるほどは暇じゃないので、今日は朝イチの新幹線に飛び乗って東京に戻って、ごく普通の顔をして仕事をしてました。
あとは今週の土日もサッカー見に行く予定。8日間で4試合を生観戦チャレンジをしているのですが、成功すると2日に1試合見る計算になる。がんばるぞー。
実はもっと詰め込めば先週土曜の甲府アウェイもいけないことなかったんですが笑。甲府マリノス戦見る→夜行バスで大阪へ、というのを実現していれば8日間で5試合いけたんだけど、それやったらさすがに死ねるもんなぁと思ってやめました。やめて正解。

 

おまけ2

甲府戦で勝ったことでマリノスはちょっとチームの雰囲気がいいのかな、と思ったりしています。チームメイト(まなぶ)が代表に呼ばれたというのもうれしいニュースなんだよなと思う。
選手の試合後コメントに「学のためにも」というボンバー様のコメントがあったり、スカパー!マッチデーハイライトで中町がインタビューに「チームも監督もサポーターも、川崎に負けたことが無駄じゃなくステップアップをしようと感じるものがあった」と答えていたりとか、なんか、結束感が感じられてうれしい。
サッカーってやっぱりチームスポーツなのですよね、私は素晴らしい個人技にきゃー!とはしゃぐのも好きだけど、やっぱりごひいきのクラブの結束力が感じられるときの方が、手ごたえがあって好きです。

 

おまけ3

GKの話をしたくなったのは、今週末のJリーグラボ@スカパーのゲストが川口能活なので楽しみにしてるからだったりします。楽しみ。

*1:褒めてます

*2:それでも愛しい

*3:アンカーをジョンスにしてる試合、どれだったか忘れたけどあれ面白かったんだよなぁ。アンカー向いてる